FC2ブログ

◎維新の「身を切る改革」とは何なの?

 「身を切る改革」が大好きな「日本維新の会」(代表・松井一郎大阪市長)。参院選のマニフェストで、① 議員報酬 3割カット、議員定数 3割カット ② 文書通信交通費の使途公開――などを掲げています。

 この間の党首討論で松井代表が、日本共産党の志位和夫委員長に食ってかかり、逆に反撃、撃沈されたことがツイッターなどで話題になっています。

 松井代表 「国民に(消費税増税の)負担をお願いするのなら、まず自分たちの身分を見直すべきだ」(6月30日のネット党首討論会)。

 志位委員長 「消費税を国民に押し付ける代わりに自分たちの『身を切る』というのは理屈が違う。政党助成金(年間)317億円を各党が受け取っている。これを返上したらいかがか。私たちは、廃止を求めているし、受け取っていない」

 政党助成金は、国民1人当たり250円の税金を政党に支給しています。維新は昨年、13億9000万円受け取っています。1議員当たり5000万円にもなります。

 松井代表は、「いやそれは…」と返答に窮しました。「身を切る」と言いながら、身を切っていないからです。悔しかったのか松井代表、日本記者クラブの党首討論(7月3日)で反撃に出ました。

40 維新 身を切る
(「日本維新の会」のホームページから)

 2017年の総選挙の党首討論で、国会議員の文書通信交通費の見直し(今回の参院選のマニフェストの②)を訴え、領収書の公開を提案した問題です。

 松井 「志位さんは『(公開を)やる』と言った。2年が経過しているが実行されていない。公約はそういう軽いものなのか。

 志位 「ホームページで公開している。交通費の趣旨を踏まえて活用し、人件費と選挙には使っていない」

 その上で志位委員長は、維新の杉本和巳衆院議員(比例東海ブロック)のある月の使途報告書が、100万円の交通費の全額を同氏が支部長を務める政党支部に入れており、領収書は2枚とも発行も受け取りも杉本氏自身であることを突き付けました。

 これには松井氏、返答不能に。この党首討論を見た人はツイッターで、「松井一郎撃沈、大恥」と書き込みました。さらに、維新の足立康史衆院議員(比例近畿ブロック)が、発行も受け取りも同氏である領収書の写真が添付されました。

 さらに、さらに、北方領土問題でロシアとの戦争をけしかけ、維新を除名された丸山穂高衆院議員(大阪第19区=泉佐野市など)の発行も受け取りも同氏である領収書の写真が添付されました。

 志位委員長のツイッター(7日)から―
 「維新の党の『身を切る改革』とは、『領収書を自分で切る』ということか?」
スポンサーサイト
その他 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2019/07/10 21:24
コメント
No title
共産党も領収書を自分で切ってましたっけ。


共産党沖縄県委 閉店した書店名義で政務調査費領収書
2015年9月25日 07:05
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/19066
 共産党沖縄県委員会(赤嶺政賢委員長)が事業として行っている書籍の販売の際、政党名とは別の書店名で領収書を発行していたことが24日、党所属の那覇市議や沖縄県議の政務調査費の報告書で分かった。書籍を購入した際の領収書は県委員会ではなく「新いずみ書店」として発行されていた。

 県委員会によると、約20年前に党員が個人経営していた書店が県委員会内にあったが閉店したため県委員会が書籍販売事業として引き継ぎ、領収書発行の際は慣例として書店名を継続して使用していたという。
No title
共産党がこのブログでも支援していた民進党の山尾議員はガソリン代400万でしたっけ?

民進・山尾氏
ガソリン代429万円、事務所経費で支出
毎日新聞2016年4月6日 23時50分(最終更新 4月7日 00時40分)
https://mainichi.jp/articles/20160407/k00/00m/010/160000c
収支報告書記載問題、山尾氏「事務上の誤りで既に訂正」
 民進党の山尾志桜里政調会長は6日に記者会見し、自身が代表を務める愛知県の民主党支部で、2012年に約429万円ものガソリン代を事務所経費として支出していたことを明らかにした。当時の公設秘書が不正請求した疑いが強いと説明した。秘書は既に退職し、今後、事実関係の確認などについて弁護士と相談するという。
No title
政党助成金については、だんまりですか?
No title
野党共闘すら出来てない政党助成金をやる気があるわけ無いでしょ。

管理者のみに表示