FC2ブログ

◎6・23沖縄 辺野古に触れなかった首相

 沖縄県民の4人に1人に当たる20万人以上の命が失われた沖縄戦。それが終わって74年目になる6月23日の糸満市摩文仁の「平和の礎」。厳粛な気持ちになるその場所に刻まれたぼう大な死者の名前…。

 この日の沖縄全戦没者追悼集会。玉城デニー知事は語りました。

 「沖縄県には、戦後74年が経過してもなお、日本の国土面積の約0.6%に、約70.3%の米軍専用施設が集中しています。米軍基地は沖縄の発展可能性をフリーズさせていると言わざるを得ません」

 「今年2月、辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票が実施されました。圧倒的多数の県民が辺野古埋め立てに反対していることが、明確に示されました。にもかかわらず、県民投票の結果を無視して工事を強行する政府の対応は、民意を尊重せず、地方自治をもないがしろにするものです」

平和の礎2


 その近くに安倍首相。そのあいさつは、沖縄県民の心に何も響かないものでした。

 「沖縄の方々には、永きにわたり米軍基地の集中による大きな負担を担っていただいております。政府として基地負担の軽減に向けて一つ一つ、確実に、結果を出していく決意であります」

 玉城知事の呼びかけに答えず、辺野古についても触れませんでした。これが一国の首相なのでしょうか。「帰れ!」などの怒りの声が飛んだほどでした。救われたのは、沖縄県糸満市立兼城小学校6年生の山内玲奈さんの「本当の幸せ」と題した自作の詩の朗読でした。

……
  青くきれいな海/この海は/どんな景色を見たのだろうか/爆弾が何発も打ちこまれ/ほのおで包まれた町/そんな沖縄を見たのではないだろうか

 緑あふれる大地/この大地は/どんな声を聞いたのだろうか/けたたましい爆音/泣き叫ぶ幼子/兵士の声や銃声が入り乱れた戦場/そんな沖縄を聞いたのだろうか

平和の礎1


 お金持ちになることや/有名になることが/幸せではない/家族と友達と笑い合える毎日こそが/本当の幸せだ/未来に夢を持つことこそが/最高の幸せだ

 「命どぅ宝」/生きているから笑い合える/生きているから未来がある
……

 毎年、追悼集会では沖縄の若者たちがつくった詩が朗読されます。平和な沖縄を求め続ける若者にしっかり根付いています。
スポンサーサイト
沖縄 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2019/06/24 14:55
コメント
一方、共産党などの沖縄県政与党は浦添軍港の新設を進めていた。


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-02-14/2017021404_05_1.html
「共産党は那覇軍港の浦添移設を阻止する意図などない」などと誹謗(ひぼう)中傷。党市議団は議会で厳しく抗議し、選挙戦でも市民の民意は軍港受け入れ反対だと訴えました。



玉城デニー知事、翁長県政を継承 軍港の移設容認 県議会代表質問始まる
2018年10月19日 12:41
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/332122
那覇軍港の浦添への移設には「那覇港湾施設の返還が実現されれば、基地負担の軽減、跡地利用による県の発展につながる」と説明し、これまでの経緯を踏まえ、浦添への移設を容認する見解を示した。
おまぁえらが、じましやっと

平和平和謳い

戦争の悲惨さを何故か掘り起こし

政争の具とする

解決されたら困るくか

反対ばっす

普天間基地→へこ

なにが悪いなにがあかんざ?

安部政権は金くれる、お前らケンカばかさ

旅行しにきて、痛みが解るっての

なにが解るっての

まず普天間基地飛行場を無くすで

ないかんね。いきなりデニはムリ

前知事もそうだったけど玉城知事も、石垣を軽んじているよね。
いくら自分への支持率が低いと言ってもね~。

管理者のみに表示