FC2ブログ

◎権力による取材妨害・萎縮・弾圧

 戦前、NHKや朝日新聞などメディアは、国民を侵略戦争に駆り立てる記事を流し、絶対主義的天皇制擁護の論陣を張るなどして日本を滅ぼしました。その痛切な反省からメディアの第1の役割は権力監視といわれています。

 首相官邸の記者会見で、その立場から菅義偉官房長官に鋭い質問をしている東京新聞の望月衣塑子記者。同記者は2月8日(金)、記者への取材妨害について菅長官に迫りました。

 望月記者の質問中に、司会の上村秀紀官邸報道室長が数秒おきに、「簡潔にお願いします」「質問に移って下さい」「質問して下さい」などと発言を繰り返し、記者を萎縮させるような質問妨害をしているからです。

 望月「室長は政府の1員としてやっていると明確に言っていますが、上司の長官の判断で辞めさせることはできる…(司会「簡潔にお願いします」の声)」

 菅長官「質問妨害なんてやってません。記者会の中に、事実に基づく質問を、協力を依頼していることにつきる」

 この答弁に驚がくしました。森友・架計疑惑での改ざん、隠ぺい、廃棄、虚偽答弁、違憲・違法の戦争法(安保法制)の強行、民意を無視した沖縄・新基地建設の強行突破、今また統計不正…強権を振りかざして事実を無視し、隠ぺいしてきたのは安倍政権ではなかったのか?

 よくも記者に平然と「事実に基づく質問を」と言えたのか! これに対し、朝日新聞(2月8日付社説「『質問制限』容認できぬ)やTBSの番組「サンデーモーニング」(同10日放送)など、メディアがいっせいに取り上げています。

東京新聞コラム 山口二郎


 法政大学の山口次郎教授は、東京新聞(10日付)のコラムで、次のように菅長官を痛烈に批判しています。

……
 記者会見で質問されたら、事実や法的根拠を示し、政府の正当性を、記者やその背後にいる国民に納得してもらうのがスポークスマンの仕事である。

 官房長官の主観で事実を覆い隠す記者会見を繰り返しながら、記者は事実に基づいて質問しろとは何事か。公文書改ざん、統計不正、すべて握りつぶし、責任逃れをしてきた政府が、事実という言葉を使うとは、恥知らずの極みである。
……
スポンサーサイト
安倍政権 | コメント(8) | トラックバック(0) | 2019/02/12 07:56
コメント
>法政大学の山口次郎教授は、東京新聞(10日付)のコラムで、次のように菅長官を痛烈に批判しています。

まず、第一に事実に基づく書き込みをしましょう。

画像にもあるように「山口二郎」です、「山口次郎」さんだと本田系の八千代工業の社長です。


https://ja.m.wikipedia.org/wiki/山口二郎

2015年8月30日に安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合が主催したデモにおいて、山口は、首相の安倍晋三を「安倍」と呼び捨てにして、「安倍に言いたい。お前は人間じゃない! たたき斬ってやる!」などと発言している[19]。このデモには民進党代表の岡田克也も参加していた[19]。
石平は、この発言について「言葉の暴力平気な人間は平和を語る資格なし」「日本の『リベラル』はすでに死んだ」と批判した[20]。
阿比留瑠比は、山口が国会前デモで「暴言」を吐いて話題になった人物であるとし、さらに、「日本に生きる人間が人間であり続けたいならば、安保法制に反対しなければならない」と主張していたことから、山口にとって「安倍首相だけでなく安保関連法賛成派も人間の範疇には入らないということになる。当然、基本的人権も何も認められない存在なのだろう。」と批判している[21]。


後半の部分など日本共産党が良く言う「あれは労働者ではない」「あれは戦死者ではない」という論理と全く同じですね。
現政権政府与党に対して
悪魔の証明的な質問や
感情的な観点からの質問が続くので
注意される

籠池加計は問題があるなら野党が提出するべき、騒げば世論から流れがくる的な運動ばかり
証人喚問してくれない
話してくれない話してくれない
刑事訴追が・・・
あの無能な質問の数々w

沖縄?民意民意民意民意民意
国民の民意が優先だろ
沖縄に基地でいいやん

トヨタで生きるとかトヨタを語り
嘘っぱちブログ

官房長官が答えないって
バカが質問できてないんだ

答えない事が、またお前らのネタになる
未だに秘密警察じみた内部通報体制を強いて裏切り者は問答無用で家族も解雇しているという記事が暴露されていましたね。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/55452?page=3

共産党が与党になったら公務員で自民党の党員はバッサバッサと切られ自民党員と食事してるだけで通報されるようになるのかな?
権力による弾圧の権化はどっちなんだろ?
共産党の歴史じゃないですか
妨害萎縮弾圧
ブログ記事の担当者は小さいと言えども党のスポークスマンですが、その自覚はございますか?
No title
権力の恐ろしさを、民主主義について何も知らないコメントばかり。
No title
権力の恐ろしさと言うのは
「間違ったことを認められない」
「間違ったことの責任問題を避けたい」
という現在の共産党の体制を見るとよく分かる。

なにせ、「人物名」の誤りすら上に断りなく訂正出来ないのだから。
記事の中だけでも明確に「誤り」と分かる事すら訂正も出来ない共産党、根本的に組織がおかしな事になっているのでは?

管理者のみに表示