FC2ブログ

◎トヨタ本社前で大幅賃上げの訴え 第40回トヨタ総行動

 大企業の社会的責任を果たすようにと、第40回トヨタ総行動(愛知県労働組合総連合=愛労連=などでつくる実行委員会主催)の一環として2月11日(月)、トヨタ自動車本社(愛知県豊田市)前などで大幅賃上げの訴えが行われた。

 この日は「建国記念の日」で祭日だが、トヨタカレンダーは出勤日である。午前7時半からデンソーなどトヨタ関連会社の本社が集中するJR刈谷駅前で、午前10時からはトヨタ本社前で、午後からはトヨタ本社の各部門が入っているJR名古屋駅前のミッドランドスクエアの前で行われた。

トヨタ総行動2 20190211 (2)
(出勤するトヨタ自動車本社の労働者=愛知県豊田市、2月11日)

 トヨタは18春闘で、トヨタ労組が要求した3000円の賃上げ(ベア)に対し、「昨年を上回る」という日本語回答をし、具体的なベアを明らかにしなかった。

 トヨタ労組は19春闘の要求で、「賃金引き上げ・人への投資を合わせて、全組合員一人平均で1万2000円を要求する」として、定昇分なども含めた要求に変え、具体的なベア額を示さなかった。

 利益日本1、内部留保日本1の超大企業として、“春闘相場”を示してきたトヨタがベアの非公表を始めたことについて、労働界やメディアからは批判の声が上がっている。

トヨタ総行動2 20190211 (1)
(トヨタ本社前で大幅賃上げを呼びかける愛労連の人ら)

トヨタ総行動3 20190211

 この日のトヨタ本社前での訴えには、愛労連の榑松佐一議長や各労組の代表が参加して訴えた。日本共産党からも、もとむら伸子衆院議員や大村よしのり、根本みはるの両豊田市議、本多ただひろ市議予定候補が参加した。

 榑松氏らは、トヨタをはじめ大企業が空前の利益をあげ、内部留保をため込んでいることや非正規労働者を増やし深刻な格差問題を生んでいる安倍政権を批判。トヨタが先頭に立って大幅賃上げをして経済の好循環の役割を果たすように訴えた。

 また、トヨタが大企業のなかで自民党へ最大の政治献金をしていると指摘し、これをやめるよう求めた。トヨタのOBも、世界1を争うほど巨大になったトヨタだが、労働者の仕事も生活も厳しくなり、メンタルヘルスも増えていると強調した。

そして、電気自動車化や自動運転化など「100年に1度の転換期」(豊田章男社長)と繰り返されるなかで、職場では「生きるか、死ぬか」と煽られていること。広瀬工場がデンソーに移管されようとしていることなど、職場の大きな変化の中で、労働者の不安は高まっている――などと訴えた。

その上で、「みんなが安心して働き、トヨタにいて本当に良かったと言える職場へ一人ひとりの力で変えましょう」と訴えた。

トヨタ総行動4 20190211
スポンサーサイト
トヨタシンポ・総行動 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/02/11 20:10
コメント
上司の言葉を
煽られていると表現する人間は
同じ方向を向いていない

トヨタに関わるのを辞めて下さい

管理者のみに表示