FC2ブログ

◎杭6万本も打ち込む? 沖縄・辺野古新基地

 安倍政権が沖縄県名護市辺野古で、県民の民意をふみにじって強行している米軍の新基地建設で、軟弱地盤などに杭6万本も打ち込む計画であることを「しんぶん赤旗」(2月3日付)や東京新聞(同2日付)などが相次いで伝えています。

 「環境を悪化させる」(「赤旗」)、「工事費の高騰必死」(東京新聞)など、大問題になるとしています。軟弱地盤などを理由に沖縄県は埋め立て承認を撤回していますが、安倍政権はこれに従うべきです。

 このブログ「トヨタで生きる」では、埋め立て地の東側の大浦湾側からのリポートを掲載(今年1月4日アップ)しました。

……
 広い大浦湾側は、漁港側とは違い、大型船が多数、海上にいた。慌ただしく動いている。クレーンのついた大型船。ピラミッドのように土砂を積んだ船があった。大浦湾側の一番端っこのK9護岸と呼ばれる仮設道路で、ダンプカーに土砂を積み替えて工事用ゲートへ向かって走っている。
……

 この大浦湾側の海底には、マヨネーズ状といわれる軟弱な層が40mもあるといわれています。県の埋め立て承認撤回に対して沖縄防衛局が効力停止を求めて執行停止の申し立てと審査請求をした際に、国土交通相に提出した資料に6万本の杭を打つことが記載されていたというのです。

赤旗 杭6万本 地図
(「しんぶん赤旗」、2月3日付から)

 「赤旗」は、杭打ち範囲は軟弱地盤が指摘されている部分をはるかに超え、埋め立て区域の大浦湾側のほぼ全域。杭を打つ深さは海面から最大70m(水深30m+地中40m)と指摘。

 工法は2種類で、護岸部分では強く締め固めた砂杭を地中に造成する「サンドコンパクションパイル」工法、埋め立て部分には砂杭を打ち込んで水をぬく「サンドドレーン」工法を用いるとしています。

 沖縄県は、地盤改良を行った場合は、工期は13年、総工費は2・5兆円かかると試算しています。辺野古に新基地をつくることがいかに無謀なものであることかが改めて明らかになってきました。

修 杭6万本 東京新聞
(東京新聞、2月2日付)
スポンサーサイト
沖縄 | コメント(11) | トラックバック(0) | 2019/02/04 10:40
コメント
共産党が黙認し玉城知事が認めた浦添軍港新基地での珊瑚や杭打ち込みは旧翁長知事支持母体等の建設利権が絡むため共産党は隠させて頂いております。


http://www.nahaport.jp/gikai/gijiroku/h26/h26-5(11gatsuteireikai)/gijiroku1gou.pdf
浦添軍港新基地については併設する物流センター等耐震性や液状化対策に数十mの杭打ち工事で対策をしていると議会でも出ていますね。
No title
コメントしたが隠したい真実

安倍政権が必死に隠したいのは、辺野古への60,000本の杭打ち。あれやこれやに話を持っていって、辺野古の真実を隠そうとします。
最近は否定すら出来ないとは共産党もボロボロですね。
ブレブレw

反対の理由は軟弱地盤や施工費?

No title
この記事にまともな反論ができないですね。ボロボロですね。
共産党内部では浦添の建設利権に共産党が一枚噛んでるのはタブーなのか。
No title
「県民の民意が!」
→共産党はそう言って反対していた浦添軍港新基地建設や埋め立てを今は認めています

これへの反論は?
No title
何回言ったらわかるのですか。沖縄の一番の問題の中心点は、辺野古への新基地建設です。
じゃあ、2番や3番目の問題はスルーや後回しにしても良いのかな❓並行して取り上げる問題だと思うんだけど。どんな難題でも話し合いで解決を目指す共産党なんだから、反対派も納得するような意見を求めます。
No title
党利党略の為なら民意や公約なんてゴミみたいに捨てて無かったことにするって事ですよ。
珊瑚や県民の総意など党の幹部様の利権とは比べるべくもない些事です。

共産党の実態はここまで堕ちてるんですよ。

唯一の良心は過去の記事を消さない赤旗スタッフですね。
最近は外部に愚痴を漏らすと徹底的に隠蔽や処分されますけど。
沖縄は基地を負担しているからこそ
お金が堕ちる
基地を作るのにお金が掛かる?

基地の反対の理由ですかね?

管理者のみに表示