FC2ブログ

◎野党共闘前進 参院選1人区一本化で合意


 憲法も法律も民意も投げ捨てる安倍政権を退陣させて欲しい――国民のこうした思いを、野党が受け入れました。通常国会が開会した1月28日、野党5党・1会派が党首会談を開き、夏の参院選の1人区で野党が候補者を一本化することで合意したのです。

 3年前、2016年7月の参院選では、32の1人区すべてで一本化。11選挙区で勝利する大きな成果を上げました。その3年前の13年の参院選では、野党は2議席しか獲得できませんでした。

 自民党の今回の改選議席は31です。3年前のような野党共闘で一本化できれば、自民党を大きく追い込むことが可能です。

 実際、3年前の参院選について日経新聞(7月14日付)は、4野党などの前回参院選の得票と野党統一候補の得票を比較し、27選挙区で得票が増え、得票率も26選挙区で増えたと分析。毎日新聞も、「共闘『足し算』以上」(12日付)と報じました。

 野党統一候補が勝利した宮城県では、安保法制(戦争法)廃止、立憲主義を取り戻すだけではなく、「アベノミクスがもたらした格差の是正」「原発依存脱却」「不公平税制是正」「民意を踏みにじる米軍新基地に反対」などの政策協定も結ばれました。

野党5党・1会派の党首会談
(野党5党・1会派の党首会談=1月28日)

 この日の党首会談には、日本共産党の志位和夫委員長、立憲民主党の枝野幸男代表、国民民主党の玉木雄一郎代表、社会保障を立て直す国民会議の野田佳彦代表、自由党の小沢一郎代表、社民党の又市征治党首が参加。

 安倍政権打倒をめざし、「毎月勤労統計」問題の全容解明や内政・外交課題の徹底審議など国会での協力・連携を強めるとともに、夏の参院選では全国32の1人区のすべてで候補者を一本化するために、各党の書記局長・幹事長間で早急に具体化の協議を進めることで合意しました。

 「合意事項」(全文)は次の通りです。

 立憲民主党、国民民主党、日本共産党、社会保障を立て直す国民会議、自由党、社会民主党は、党首会談において以下について合意した。

○本通常国会において、野党5党1会派は協力連携を強め、立憲主義の回復や、また国会の国権の最高機関としての機能を取り戻し、国民の生活を豊かにし権利を守るため、安倍政権打倒をめざし厳しく対峙(たいじ)していく。

○内政・外政の山積する課題について徹底審議を行う。
○「毎月勤労統計」問題についての全容解明を行う。
○今夏の参議院選挙に際し、安倍政権打倒をめざし、32の1人区全ての選挙区において、与党を利することのないよう、速やかに候補者一本化のための調整を図る。

 野党5党1会派の幹事長・書記局長は、これらの確認事項の目的を達成するために、早急に協議し、その具体化を進める。

シールズ東海 20160604
(3年前の2016年6月4日に名古屋市栄で開かれた「シールズ東海」の「参院選挙に行きたくなる集会デモ」)
スポンサーサイト
2019参院選 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2019/01/30 21:21
コメント
政策協定で決まったこと

「毎月勤労統計」
→民主党政権下における統計不正は問題視せず全ての責任を自民や公明に押し付け民主党政権下の厚労大臣は責任を負わないものとする。
No title
与党として厚労大臣を輩出してきた政党が野党にも居ますが全くそのことへの追求は無し。

民主党が獣医学部を誘致した事や土地を補助金付けで売ったり機密費を使ったことへの追求が出来ないのと同じ。


野党共闘=犯罪隠蔽協定 と言うことですか?

出来ない=やましいから では?

管理者のみに表示