FC2ブログ

◎三菱自 ゴーン前会長の10億円不正を発表

 日産自動車のゴーン前会長の不正がまた明らかになりました。日産・ルノーグループに入った三菱自動車が1月18日、同社のホームページに掲載しています。他の取締役に内緒で、約10億円も不正受給していました。

 それによると、三菱自と日産折半出資で2017年6月に設立したオランダ法人「Nissan-Mitsubishi B. V.(“NMBV社”)から、ゴーン氏がManaging Director(代表取締役)報酬名目等で不正に金銭の支払を受けていたことが判明した」というものです。

 同社は、3社のシナジー創出の目的で設立したもので、三菱自と日産は合わせて約1562万ユーロ(20億9500万円)を支払っていました。ところが、ゴーン前会長は、これを原資として、2018年4月末頃から同年11月頃にかけて、NMBV社から、「合計約782万ユーロ(Taxを含む、日本円にして約10億円)の支払を不正に受けてい」たというのです。

 ゴーン前会長は、NMBV社とEMPLOYMENT AGREEMENT(雇用契約書)を締結していたものの、同社では権限のないものと締結していたこと。前会長が、日産自動車幹部社員ら一部の者に指示して実行したものであったこと――などが明らかになったとしています。

 また、「NMBV社の取締役である益子修(三菱自会長兼CEO)と西川廣人氏(日産社長兼CEO)の了承を得る必要があると伝えたにもかかわらず、ゴーン氏は一切知らせることなく」、行なっていたといいます。

 益子会長は、損害賠償の請求を含めゴーン前会長の責任追及を検討していくとしています。

修 三菱自 本社ショールーム
(三菱自動車の車=同社の本社ショールームのホームページから)

 三菱自は燃費不正で16年4月に経営危機に陥りましたが、これに目を付けたゴーン前会長が同社を日産・ルノーグループに引き入れることを画策。同年10月、日産は三菱自に34%出資をしました。

 約100万台を生産する三菱自のグループ化で、日産・ルノーはフォルクスワーゲン(VW)やトヨタ自動車と並ぶ「1000万台クラブ」に入りました。2017年の上半期の世界販売(約526万台)では、フォルクスワーゲン、トヨタ自動車を上回りトップになりました。

 その勢いでゴーン前会長は、2017年9月15日、新たな6か年計画「アライアンス2022」を発表。リーフなどでEV化をいっそう強めるとともに、2022年には、1400万台を販売するというもの。VW、トヨタを引き離すという野心的な計画でした。

 ゴーン前会長は、自動車メーカー世界1の野望を強引にすすめる下で、私腹を肥やす不正を続けてきたのです。私的な損失を日産に付け替えたなどとして逮捕された特別背任容疑などだけではなく、ゴーン前会長の不正をすべて明らかにする必要があるでしょう。
スポンサーサイト
日産自動車 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2019/01/19 09:58
コメント
No title
会社の私物化はいけません。
厳しく罰して欲しいですね!

管理者のみに表示