FC2ブログ

◎沖縄知事選スタート 玉城候補「辺野古に新しい基地を造らせない」

 翁長雄志沖縄県知事の死去にともなう知事選が9月13日、告示(30日投票)されました。安倍政権がゴリ押している名護市辺野古に新基地をつくらせるかどうかが最大の争点です。

 翁長氏の遺志を受け継ぎ、日本共産党や社民党などの政党や沖縄の保守や財界もふくめた「オール沖縄」から立候補した玉城デニー候補(58、前自由党衆院議員)は、米軍の土地強奪に島ぐるみでたたかった沖縄本島北部の伊江島で出発式。「辺野古に新しい基地を造らせない」と力強く第一声をあげました。

玉城候補の第1声
(伊江島の出発式で、「辺野古に新しい基地を造らせない」と第一声をあげる玉城デニー候補)

 安倍政権の全面支援を受けた佐喜真淳氏(54、前宜野湾市長)は、「対立や分断からは何も生まれない」などと翁長県政を攻撃。普天間基地の返還を主張しましたが、辺野古の賛否については触れず、“辺野古隠し”の作戦です。

 この4年間、翁長氏の勝利をはじめ、衆院(4小選挙区)、参院(定数1)の国政選挙で、辺野古に新基地を造らせない「オール沖縄」の議員は6人中5人を占めています。県民の民意は明らかです。

 その民意を踏みにじって辺野古の工事を強行しているのが安倍政権です。「自らの意に沿う動きをする勢力には、経済振興の予算をしっかり手当するなどして、沖縄に深い分断を持ち込んだ政府の罪深さ」(朝日新聞、14日社説)と指摘されるほどです。

                ◇

 玉城候補は10日に、政策「誇りある豊かな沖縄。新時代沖縄」を発表しています。県民の誇りとともに歩む新時代沖縄の理念として、次のように主張しています。

 ・アジアのダイナミズムを取り入れ、市場が認める沖縄の高い発展可能性を顕在化させ、誇りある豊かさを実現する理念の下、日本経済をけん引する新たな振興計画を策定する。

 ・「沖縄21世紀ビジョン」の平和で自然豊かな美(ちゅ)ら島などの真の理念を実行する。

 ・(普天間基地の県外移設やオスプレイの配備撤回などを求めた)「建白書」で大同団結し、普天間基地の閉鎖・撤去、県内移設断念、オスプレイ配備撤回を強く求める。そして、あらゆる手法を駆使して、辺野古に新基地はつくらせない。

辺野古の青い海
(辺野古の青い海)

 その上で、次のような主要政策を掲げています。

 ・「万国津梁(しんりょう)会議」(仮称)を設置
 世界各国との経済・文化交流などを促進し、世界に開かれた国際都市として沖縄の発信力を高める。

 ・「国際災害救援センター」(仮称)を設置
 国際機関と連携する人道支援活動の拠点を整備し、水道技術や医療の提供など、国内外に貢献する沖縄をめざす。

 ・「観光・環境協力税」(仮称)を導入
 観光客の増加が見込まれる中、派生する環境問題等への対応に資する財源として活用する。

 ・「琉球歴史文化の日」を制定
 ・日米地位協定の抜本改定、主権の行使を求める
 ・「やんばるの森・いのちの水基金」(仮称)を創設

 ・中学生・高校生のバス通学無料化をすすめる
 ・公的施設への「放課後児童クラブ」設置を推進
 ・子育て世代包括支援センターを全市町村に設置

スポンサーサイト
沖縄 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2018/09/14 07:43
コメント
辺野古に基地は作らせないが浦添軍港新設は推進
共産党が労働者じゃ無いと言えば党職員は労働者ではない

共産党が戦死者は居ないと言えばカンボジアの警察官戦死や朝鮮戦争戦死は戦死として扱わない

共産党が新基地では無いと言えば翁長氏から受け継ぐ軍港新設は新基地ではない
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/75106
沖縄県の翁長雄志知事は9日、米軍那覇港湾施設(那覇軍港)の浦添移設を容認する考えを明らかにした。
辺野古に基地は作らせないが浦添軍港新設は推進
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-801621.html
佐喜真 那覇軍港の浦添移設は新基地建設か代替施設か。推進の立場か。

 玉城 機能強化が明らかな辺野古新基地建設と、移設協議会の枠組みの中でこれから議論が進められていく軍港移設とは根本的に違う。移設協議会で議論を進めるのが一番確かな手順だ。協議会はクルーズバース建設も協議している。港湾利用についての議論もしっかり見守っていきたい。

 佐喜真 クルーズ船の話とは別だ。軍港移設には反対という立場か。

 玉城 現時点で賛成も反対も言うことはない。協議に加わった時点でその判断をする場合が出てくる。
供花代を誤って政治資金収支報告書に記載 玉城デニー氏の事務所が修正申告
2018年9月13日 07:33

 玉城デニー衆院議員の事務所は12日、玉城氏が代表を務めていた政治団体が2013年に葬儀社に「供花代」として支払ったと誤って政治資金収支報告書に記載していたとして修正申告した。
普天間から辺野古へ

良いと思うが、何がダメなのかね

沖縄在住してない奴等が、沖縄の過去や未来を語るよね

海が大事なら、沖縄に来るな

親からのお小遣い減れば、島なんて衰退しちゃんわ

トヨタに勤めて、このブログ見とんけど、共産党みたいな奴らが一部の戦争の遺恨持っている、じじばっちゃをたきつけとんばや
終わったこと、どうでもいいよね

何かいう前に、帰省の飛行機代金安くしろや。ホンで島に来る奴らを倍にすればええ
告知ですいません。
告知ですいません。

「佐喜眞 淳」候補のイベントが、下記で開催されます。
1、日時:9月16日(日曜)14:00〜
     9月23日(日曜)14:00〜
2、場所:パレット久茂地前
    (沖縄県庁・那覇市役所近く)

小泉進次郎氏が、佐喜眞氏の応援で沖縄に来ます。
9月16日(日曜)
14:00〜 パレット久茂地
15:30〜 浦添市安波茶交差点
17:00〜 豊見城市役所(豊見城南高校前)

管理者のみに表示