FC2ブログ

◎シリーズ「うたのある風景」 「僕は思わずくしゃみをした」

 JAXAとNHKが共同制作した「地球の出」のDVDがあります。荒涼とした月の地面のかなたから青い地球が登ってくる映像です。私たち人類にとって、地球はかけがえのない、おもわず頬ずりしたくなる存在であることに気づかされます。

 詩人の谷川俊太郎氏の最初の詩集「二十億光年の孤独」に、同名の詩が収められています。

……
「二十億光年の孤独」   谷川俊太郎

人類は小さな球の上で
眠り起きそして働き
ときどき火星に仲間を欲しがったりする
 
火星人は小さな球の上で
何をしてるか 僕は知らない
(或いは ネリリし キルルし ハララしているか)
しかしときどき地球に仲間を欲しがったりする
それはまったくたしかなことだ
 
万有引力とは
ひき合う孤独の力である
 
宇宙はひずんでいる
それ故みんなはもとめ合う
 
宇宙はどんどん膨らんでゆく
それ故みんなは不安である
 
二十億光年の孤独に
僕は思わずくしゃみをした
……

40 地球の出
(JAXAとNHKが共同制作した「地球の出」から)

 「地球の出」を読むと、この詩を思い出します。「孤独」をキーワードにした詩ですが、最後の「僕は思わずくしゃみをした」は、何を意味しているのでしょうか?

 この詩は、教科書にも採用されています。「筑摩書房の教科書サイト」で「ちくまの教科書」を見つけました。そこには子どもにわかるように、どう授業するかが書かれています。

 くしゃみをすると、だれかが自分の噂話をしているというのは、昔から伝わることわざです。地球人だけでなく火星人も孤独だと言うと、火星人は地球人も孤独だと噂話をしている…そんな解釈でしょうか。
スポンサーサイト
「うたのある風景」 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2018/09/06 09:14
コメント
No title
NHK高校講座で学び直した方が良いのでは?

https://www.nhk.or.jp/kokokoza/radio/r2_kokugo/check/rcheck033.html

理解度チェック

問題作成協力:NHK学園高等学校
第33回 二十億光年の孤独 (谷川俊太郎)
問題 解答
Q1 「ネリリし キルルし ハララしている」とは何を表現したものと考えられますか。次から選びなさい。
火星人の生活一般
地球人と火星人の通信
地球人の未来の言葉
Q2 「僕は思わずくしゃみをした」という最後の一行はどのような効果を狙ったものと考えられますか。次から選びなさい。
果てしなく大きく現在も膨張している宇宙の広さを伝える効果。
宇宙における人間の存在の大切さを強調する効果。
壮大な宇宙空間から現実の世界に読者を引き戻す効果。
Q3 この詩のテーマとしてふさわしいものを次から選びなさい。
火星人が存在することの信憑性
宇宙のとてつもない大きさと神秘
広い宇宙空間における人間の孤独

管理者のみに表示