FC2ブログ

◎特捜部の正義はどこにあるのか?

 8月8日付の新聞各紙は、東京医大の入試で「女性差別」があったことを,内部の調査委員会が認めたと大きく報道しました。次は、「しんぶん赤旗」です。

……
 東京医科大学(東京都新宿区)の不正入試問題を調べている内部調査委員会(委員長=中井憲治弁護士)は7日、都内で記者会見を開き、同大学が「女性医師は結婚、出産、子育てで医師現場を離れるケースが多い」として、女性受験者の合格を抑制する女性差別をしていたことを認定しました。

 また文部科学省の補助金を得る見返りに同省元局長の息子を入試で不正に加点し合格者にした事実が「優に認められる」として贈収賄に該当する可能性が高いと判断しました。

 報告書は今年度の一般入試の2次試験で、受験者の性別などによって得点調整していたことを指摘。小論文の点数(100点満点)に男女全員0・8の係数をかけ、現役男性と1浪・2浪男性には20点を加点し、3浪男性には10点、4浪以上の男性や女性には加点なしとしました。
……

修 東京医大
(東京都新宿区の東京医大=グーグルアースから)

 東京医大の不正入試問題は、文部科学省の私立大学支援事業の対象校に選定されることの見返りに、自分の子を大学入試で合格させてもらったとして、東京地検特捜部が7月4日、文科省科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(58)を、受託収賄の疑いで逮捕したことで発覚しました。

 報告書では、今年度と昨年度の医学部医学科の1次試験で、前・局長の子どもを含む計19人に10~49点を不正に加算していたことも明らかになりました。

 東京医大・前理事長の臼井正彦被告=贈賄罪で在宅起訴=は、前局長の子どもの加点について「(支援事業の)事業計画書への助言・指導に対する恩返しとして調整することとした」としています。

 東京地検特捜部が文科省の局長を逮捕することによって、東京医大の不正入試、女性差別が明るみに出ました。このニュースを読んで、財務省の佐川宣寿・元理財局長のことを考えました。

 佐川元局長は、森友学園問題で公文書を改ざん、廃棄し、国権の最高機関の国会で虚偽答弁を重ねていました。ところが大阪地検特捜部は5月31日、佐川氏らを不起訴処分にしました。

 山本真千子・特捜部長は、改ざん、廃棄したが「文書の効用を失ったとは言えず、うその文書を作ったとは認められない」などとし、文書から削られた記述は一部分で、契約金額や日付など“根幹部分”は失われていない、と判断したといいます。

 森友問題の「根幹部分」は、安倍首相夫妻が関わっていたことであり、「私や妻が関係していたということになれば、それはもう間違いなく総理大臣も国会議員も辞めるということははっきり申し上げておきたい」(2017年2月17日の衆院予算委員会)と答弁した安倍首相を守るために、佐川氏らが改ざんに走ったのが事の本質です。

 東京地検特捜部は局長を逮捕しているのに、大阪地検特捜部は局長の起訴を見送ったのです。同じ特捜部なにに、なぜこんな違いがあるのか? 特捜部の正義は、どこにあるのか?
スポンサーサイト
安倍政権 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2018/08/08 20:47
コメント
結局、安部ちょん批判か

何とか世論誘導しようと頑張ったが

安部ちょん直接関係なあで

おまえらが結びつけんの必死なだけ
No title
>安倍首相を守るために、佐川氏らが改ざんに走ったのが事の本質です。

証拠も無いのに想像だけで「勝手に有罪にする」と言う共産党の本質が出ましたね。
No title
「安部ちょん批判か」――安倍首相の名前ぐらいきちんとかきましょうね。
安倍さんがどこの国の総理かも知らない人が政党の中枢に居るので、フルネームを求めるのは酷なのかも❓
戦争法とか書いているブログで

何を言ってんのかw

トヨタ自動車に共産党委員会なんぞない

コメント者ではなく

そこを指摘しては?




管理者のみに表示