FC2ブログ

◎ふたたび「あなたはどこの国の総理ですか?」

 広島に原爆が投下されて73年目の8月6日。広島市の平和公園で開かれた平和記念式典で、松井一実市長が「平和宣言」を読み上げました。

……
 核抑止や核の傘という考え方は、核兵器の破壊力を誇示し、相手国に恐怖を与えることによって世界の秩序を維持しようとするものであり、長期にわたる世界の安全を保障するには、極めて不安定で危険極まりないものです。

 為政者は、このことを心に刻んだ上で、NPT(核不拡散条約)に義務づけられた核軍縮を誠実に履行し、さらに、核兵器禁止条約を核兵器のない世界への一里塚とするための取り組みを進めていただきたい。
……

続いてあいさつした安倍首相は、国連で昨年7月に採択された核兵器禁止条約に一言も触れませんでした。

 昨年に続いて触れなかったのです。122カ国の賛成で採択された条約の批准が始まっており、これまでに14カ国が批准しています。発効には50カ国が必要ですが、唯一の戦争被爆国の日本が批准しないという信じられない事態です。

 安倍首相はあいさつで、「核兵器国と非核兵器国双方の協力を得ることが必要」とのべ、「双方の橋渡しに努め」る、とのべました。日米安保条約の“核の傘”の下にいる日本は、核兵器禁止条約に賛成できないという姿勢です。

 式典の後に被爆者と懇談した安倍首相に対し、「日本はなぜ条約にサインしないのか」と問い詰められましたが、この場でも核兵器禁止条約にまったく触れませんでした。

原爆ドーム
(広島市の原爆ドーム=グーグルアースから)

 昨年、長崎の平和記念式典の後に被爆者と懇談した安倍首相は、「あなたはどこの国の総理ですか?」と詰問されました。1年たっても具体的な「橋渡し」をした形跡は、まったくありません。こうした日本の姿勢は核兵器禁止条約の発効を遅らせる以外の何物でもないでしょう。

 条約の採択にあたって大きな役割を果たしたのがオーストリアです。同国の欧州統合外務省軍縮軍備管理不拡散局長のトーマス・ハイノッチ氏は、同じ6日に開かれた原水爆禁止世界大会ヒロシマデー集会で、「批准する国の数は増え続け、近い将来に順調に発効する運びになるでしょう」と力強くあいさつしました。

 2つの国でこれほどの違いがあるのです。日本が条約の批准にサインすれば、世界の国は一気に批准に動き出すでしょう。「ヒバクシャ国際署名」は、6日までに873万人が集まっています。このうち、知事・自治体首長の署名は1132人です。世論と運動が批准への大きな力になるでしょう。
スポンサーサイト
戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/08/08 17:35
コメント
核保有国の批准ゼロに一切触れない事で先導するテクニック
2017年12月20日(水)
極右政権参加に抗議 ウィーンでデモ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-12-20/2017122007_01_1.html
 【ベルリン=伊藤寿庸】オーストリアで右派・国民党、極右・自由党の連立政権が18日ウィーン中心部で就任式を行いました。極右政党の政権入りに対し、朝から数千人による抗議デモが行われました。

 デモは、市内五つの場所から始まりヘルデンプラッツ(英雄広場)に集結。全学生対象の学費導入に反対する学生連盟や女性団体、左翼系団体などが参加しました。「教育は権利だ。ぜいたくではない」、「右翼に反対」「ナチに統治させるな」などのプラカードが掲げられました。

 就任式で、ファンデアベレン大統領は、「政府の計画に賛成、中立の人とともに、多くの批判的な人がいる」と演説。ナチスの過去を念頭に置いて「われわれの歴史の明るい面とともに最も暗い側面にも責任を取る」ことを強調。「異論を持つ人の尊重、少数派の権利の尊重、社会的弱者への支援が必要」と述べました。同大統領は2016年に自由党の候補者を破って就任しました。

 今回の連立政権では、内務、国防、外交など重要閣僚を自由党に割り当てました。

 ハーバート・キックル内務相は、2000年に自由党が初めて政権に参加した当時のハイダー党首(その後ナチス賛美発言で辞任)のスピーチライターを務めました。昨年リンツで開かれた「欧州の防衛者」と題した欧州の極右・新右翼が集まる集会に参加しています。

 マリオ・クナセク国防相は、軍人出身で、「アイデンティティー運動」などの極右団体との関係が深い。16年に難民申請者は夜間外出禁止にすべきだとフェイスブックに書き込んだと報じられています。

 カリン・クナイスル外相は、自由党が推薦する中東専門家です。
サインできない理由がある

そこを解消してあげて下さい

口だけ無責任政党さん

サインできない、しないことが国民をまもる一つの選択肢

正論ぽく語るが支持率がない政党へ

管理者のみに表示