◎羽生竜王だったらもう投了している  モリカケ疑惑

 このブログ「トヨタで生きる」で、「巨悪よ、安らかにお休みなさい」 大阪地検特捜部が佐川氏ら不起訴」をアップ(6月1日)したところ、「いつまでも・・モリカケ問題を」「日本の政治を停滞させている」などのコメントが寄せられています。

 森友学園問題が発覚したのは昨年2月ですから1年4カ月にもなります。安倍首相夫妻がかかわった森友・加計学園疑惑は、改ざん、隠ぺい、廃棄、虚偽答弁をおこなった安倍政権にすべての責任があります。

 公文書を「いつまでも」も隠ぺいし、あげくの果てには改ざんして、「日本の政治を停滞させた」のは、安倍政権であり、日本共産党など野党に何の責任もありません。

 その安倍首相、5月28日の衆参の予算員会での集中審議で、ぎょっとするような答弁をしました。「お金のやりとりがあって、頼まれて行政に働き掛けをした、という意味での関わり合いはしていない」とのべ、「収賄」に問われるような関わりはない、とこれまでの説明を修正したのです。

 従来は、「私や妻が関係していたということになれば、それはもう間違いなく総理大臣も国会議員も辞めるということははっきり申し上げておきたい」(2017年2月17日の衆院予算委員会)と答弁していたことを、「関係」から「収賄」という狭いわく内に閉じ込めたのです。

60 赤旗 安倍首相と獣医学部新設の動き 20180529
(小池晃事務所作成=「しんぶん赤旗」、5月29日付から)

 それは、ウソにウソを重ねてきたことからもう危ないと思ったのでしょう。加計学園問題では、愛媛県が参院に提出(5月21日)した文書の中には、学園が県に報告した記録に、2015年2月25日に加計孝太郎理事長が安倍首相と15分ほど面談したとあります。

 面談では、加計理事長が首相に、「今治市に設置予定の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなどを説明。首相からは『そういう新しい獣医大学の考えはいいね。』とのコメントあり」と記載されていました。

 安倍首相は、直ちに加計理事長との面談を否定。加計学園の渡辺良人事務局長が5月31日、愛媛県を訪れ、「その場の雰囲気で、ふと思ったことを言ったのではないか」などとのべ、安倍首相と加計理事長との面談を否定しました。

 安倍首相と加計学園側が示し合わせたように面談を否定しました。この面談については、5月28日の衆参の予算員会で日本共産党の小池晃参院議員・書記局長が取り上げました。両者が否定した2015年2月25日の面談の後の15年3月の愛媛県の新文書には、次のようにあると指摘しました。

 「今治市と学園との協議(3月15日)について報告。理事長と総理との面会を受け、柳瀬唯夫秘書官(当時)から資料提出の指示あり」

 2月25日の面談を否定すると、つじつまが合わなくなります。小池参院議員は、一連の動きをパネルにし、「面談を架空のものとすると説明のつかないことが多すぎる」と厳しく批判しました。

 ウソにウソを重ねるとぼろぼろと矛盾が出てきます。将棋でいえば「玉将」に王手を掛けなければ「負け」を認めないのは素人のヘボ将棋です。何十手先までを読むプロの棋士は、詰めの前に投了するのが当たり前です。

 安倍さん、あなたはもう詰まれており、「負け」ですよ。羽生竜王だったら、もうとっくに投了していますよ。
スポンサーサイト
安倍政権 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2018/06/03 10:46
コメント
問題を何としても総理に繋げようとした結果、行政に間違った動きを起こさせ、いつまでも印象操作を優先し問題を早い時点でほりおこせなかった結果です

つまり、無能な野党の責任です
支持率考えろ、終っているのは

お前ら野党
No title
共産党上層部の指令「民進党の民主党政権時代の獣医学部設置の検討の動きは絶対に触れてはいけません、触れた党員は除名処分にします」

本当にこの指令の言いなりですね。
No title
党職員は労働者であると司法判断が出ており、共産党以外の主要な政党は「党職員は労働者」として認めているのに共産党だけが「党職員は司法がなんと言おうが労働者ではない」ってのとどっちが詰んでます?

日本共産党は「党の好き勝手で労働者の権利を奪える不法集団」ですか?

そうでないなら法的な根拠をだすか遵法意識を見せてください。

胡散臭いブラック企業精神みたいな精神論は根拠になりません。
コメントのNGで~は本当なのか?

しっかり説明してほしい

管理者のみに表示