FC2ブログ

◎「ウソつくのも、つかせるのもやめようじゃないですか」

 今や論戦力NO1の国会議員は、日本共産党の小池晃参院議員・書記局長ではないか――そう思ったほど5月28日の衆参両院の予算委員会集中審議で光ったのは小池議員の質問でした。

 安倍首相夫妻が関わる森友学園・加計学園疑惑で、小池議員は安倍首相に迫りました。

 「ウソつくのも、つかせるのもやめようじゃないですか」――と。

 毎日新聞は、集中審議を特集した「クローズアップ2018」で、「首相 説得力欠く」との見出しで、小池議員の質問を3回にわたって引用しました。

 小池氏は「(学園コメント通りなら)架空の面会をでっち上げて利用されたわけだから、首相はカンカンに怒らなければいけない」と挑発したが、首相は「私は常に平然としている」と淡々とかわした。

小池追及1 20180528
(愛媛県の文書を示しながら安倍首相を追及する日本共産党の小池晃参院議員=NHKテレビから)

 「架空の面会」とは、このブログ「トヨタで生きる」で、昨日アップしたように、愛媛県が参院予算委員会に提出(5月21日)した資料のなかに、加計学園が県に報告した記録として、2015年2月25日に加計孝太郎理事長が安倍首相と「面談(15分程度)」したとあることについて、学園側が「実際にはなかった総理と理事長の面会を引き合いに出し、県と市に誤った情報を与えてしまった」などとのコメントを発表したことを指しています。

 毎日新聞は、この後は書いていませんが、小池議員の切り替えしは鋭いものでした。

 小池議員「何が平然としている。野党から追及されると、この場でカンカンになって、血相変えて反論しているじゃないですか」

 時には、質問者にヤジまで飛ばす安倍首相を痛烈に批判したのです。

 朝日新聞は、「疑惑 正面から答えない首相」との見出しを付けた、特集「時々刻々」で、小池議員の質問をこう引用しました。

 小池氏は「首相と理事長の面談が架空のものだとすると、説明のつかないことが多すぎる」と指摘し、首相にこう迫った。
 「みんなで総理をかばうために無理な話をさせるのはやめようじゃないか」

 朝日新聞はさらに、森友疑惑で小池議員が独自に入手した「航空局長と理財局長との意見交換概要」の要旨を紹介。また、「これが今話題の『ご飯論法』ってやつですよ。すり替えて、まともに答えようとしない」。小池晃氏は首相の答弁をこう評した――とも書きました。

 「ご飯論法」について、朝日新聞は次のように解説するほどの念の入れようです。

……
 「ご飯論法」のもとは法政大の上西充子教授のツイートだ。働き方改革関連法案をめぐる加藤勝信厚生労働相の答弁について、朝ご飯は食べたのかとの質問に「(パンは食べたが)ご飯は食べていない」と答えているようなものだと指摘。食事をしたのか聞いているのに「米の飯」は食べていないとずらす答え方が、加計学園問題にも当てはまるなどとネット上で広まった。
……

 ネットで広まった言葉を小池議員は巧みに引用して、逃げ切ろうとする安倍首相を痛烈に批判したのです。小池議員は最後に締めくくりました。

 「資料は包み隠さず提出する。すべての関係者に国会で正直に話してもらう。そして安倍内閣に総辞職を求めて質問を終わります」

小池追及2 20180528
(安倍首相の昨年2月の答弁を示しながら追及する日本共産党の小池晃参院議員=NHKテレビから)


             ◇

 この日の日本共産党の質問について「しんぶん赤旗」(5月29日付)は次のように伝えています。

 衆参両院の予算委員会は(5月)28日、安倍晋三首相と関係閣僚が出席し、集中審議を行いました。日本共産党は、学校法人「森友学園」との国有地取引について会計検査院や国会をごまかすため財務省理財局と国土交通省航空局が昨年9月に“口裏合わせ”をしていたことを示す政府の内部文書を明らかにしました。

 参院予算委員会で小池晃書記局長が示し、衆院予算委員会で宮本岳志議員がさらに詳しく追及しました。安倍首相は、文書があるかどうか「調べてみたい」と答弁しました。

 文書名は「航空局長と理財局長との意見交換概要」で、党国会議員団が独自入手したもの。昨年9月7日午前9時15分から40分間、理財局の太田充局長と中村稔総務課長、航空局の蝦名邦晴局長と金井昭彦総務課長が検査院、官邸・与党、野党などへの国会対応を協議しました。

 この会合について太田局長は「いろんな意味で意思疎通を図ろうと思って対応したのは事実」と述べ、蝦名局長も「いろいろな情報交換をした」と認めました。

 当時、検査院が国有地約8億円値引きの根拠となったごみの総量や見積もり額を調べていました。宮本氏は、文書で、太田局長が「少なくとも(ごみの)『トン数』は消せないのではないか」と話していると紹介。

 太田局長が「トン数」と述べたのは「検査院から事前に報告書案を見せられていたからではないか」と質問しました。太田局長は「質問通告がなく、答えようがない」と“見ていない”と否定できず、委員会室が騒然となりました。

 検査院は憲法と会計検査院法で「内閣に対し独立の地位を有する」とされています。小池氏は「財務省と国交省の局長が(検査院の)報告への介入を密談していた。重大な問題だ」と批判しました。

 小池氏は、官邸に対して太田局長が「まずは寺岡(光博官房長官秘書官)を通じて官房長官への対応をするのが基本」と述べたと記されているとも指摘。宮本氏が「最初から菅義偉官房長官が関与して、隠ぺいや改ざんを行ってきたのではないか」と追及すると、安倍首相は「推測であり、そんなことはない」と否定しましたが、その根拠は示しませんでした。

 小池氏が「政府の文書なのだから政府の責任で徹底的に調査すべきだ」と求めると、安倍首相は「どこが作ったか、本当にあるのか調べてみたい」と答えました。

 宮本氏は「改ざんも隠ぺいも、すべて安倍政権を守るために行われてきた。首相は潔く辞職すべきだ」と求めました。
スポンサーサイト
安倍政権 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/05/29 16:24
コメント
共産党の処分対象となるNGワード

民主党政権時代による日報削除方針の決定
民進党議員による獣医学部設置要望
民進党前最高顧問の支援者である加計理事長
民主党政権時代の14億の土地を実質2000万円への値引き
前川氏の天下り斡旋

そして民主党政権時代の機密費行方

以上の事実を指摘すると党内での処分対象になるためブログの本記事では取り扱えません。

上記内容は共産党愛知県委員会等からも厳命されている模様です。

0529
もうどっかでやってればいいよ、モリカケ問題は。
安部辞めても、変わらんでしょう。忖度的な配慮は、言った言わないの繰返し

総辞職して解散しても、同じ布陣になるだけ、下手したら現与党の議席増えるんじゃないかな。

それだけ野党の信用はない、韓国と違うから、情緒煽動や世論誘導は無理なんだよ

野党は安部ちゃん叩いても、国民の支持率がなぜ上がらないのかんを議論すべき

管理者のみに表示