FC2ブログ

◎純利益2兆4939億円 日本企業過去最高 トヨタ18年3月期決算

 トヨタ自動車は5月9日、2018年3月期の連結決算を発表しました。本業の稼ぎを示す営業利益は、前期比20・3%増の2兆3998億円でした。過去最高の2兆8539億円(16年3月期)には及びませんでした。

 しかし、法人税などを差し引いた純利益は2兆4939億円で、トヨタ自身が16年3月期に記録した2兆3126億円を上回り、日本企業としては過去最高を更新するなどすさまじい利益を稼いでいます。

 最も利益を稼いでいるアメリカで、トランプ米政権が大幅な法人税の減税をしたことが理由です。

 内部留保の大きな部分を占める利益剰余金は、前期より1兆8724億円増やして19兆4735億円になりました。20兆円の大台に届きそうな内部留保で、もちろんダントツで日本1です。

20 2018年3月期 決算要旨
(トヨタの決算プレゼンテーション資料から)

 売上高は、前期比6・5%増の29兆3795億円でした。グループのダイハツ、日野自動車を合わせた世界販売台数は、前期比1・9%増の1044万台でした。1000万台超えは5年連続ですが、微増にとどまっています。

 配当は、1株当たり220円で総額6426億円です(前期は1株当たり210円で、総額6275億円)。

 1年後の19年3月期の見通しは、前期比1・3%減の29兆円で、営業利益は4・2%減の2兆3000億円、純利益は15・0%減の2兆1200億円としています。
スポンサーサイト
決算・経営計画 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2018/05/09 18:50
コメント
No title
さすが世界のトヨタ
株価もあがり・・配当金も120円に
株主にとっては嬉しい決算でした!
ありがとう!豊田社長!
共産党の経済知識の無さを象徴する記事
>最も利益を稼いでいるアメリカで、トランプ米政権が大幅な法人税の減税をしたことが理由です。

~トヨタの決算要旨より~
http://www.toyota.co.jp/jpn/investors/financial_results/
①日本
売上高は16兆248億円と、前連結会計年度に比べて1兆1,939億円 (8.1%) の増収となり、営
業利益は1兆6,599億円と、前連結会計年度に比べて4,576億円 (38.1%) の増益となりまし
た。営業利益の増益は、為替変動の影響および原価改善の努力などによるものです。

②北米
売上高は10兆5,744億円と、前連結会計年度に比べて3,353億円 (3.3%) の増収となりました
が、営業利益は1,388億円と、前連結会計年度に比べて1,722億円 (55.4%) の減益となりまし
た。営業利益の減益は、販売諸費用の増加ならびに生産および販売台数の減少などによるもの
です。


共産党は決算要旨も見られず思い込みだけでデータを10倍以上も捏造する政党だという事が良く分かります。
マトモな経済知識があればこんな初歩的なミスはしないでしょう。

もしくは「意図的にミスリードさせる」という意志があるのかもしれませんが。
日本 営業利益1兆6,599億円
北米 営業利益1,388億円

「最も利益を稼いでいるアメリカ」って何を指しているんですか?
トヨタが最も利益を稼いでいるのは日本では?

ここまで明確なミスは無いと思うんですけど?
No title
日経新聞(10日付)は、「米国の法人税減税の影響で約2500億円の会計上の増益要因も生じた」と指摘しています。朝日新聞も「米国のトランプ政権による法人税減税の一時的な効果で利益が大きくかさ上げされ…」(10日付)とあります。「共産党は決算要旨も見られず思い込みだけでデータを10倍以上も捏造する政党」という指摘はまったく当てはまらないですね。
No title
日経新聞「米国の法人税減税で増益」
朝日新聞「米国の法人税減税で利益がかさ上げ」

→どちらも「米国で最大の利益を稼いでる」とは言っていない。

日本 営業利益1兆6,599億円
北米 営業利益1,388億円

北米の営業利益に無理やり減税分2,500億円を丸々上乗せしても4,000億円弱で全体の純利益の6分の1程度

さて日本共産党がこのblogで言う
「最も利益を稼いでいるアメリカ」
と言うのはどう言った数字を根拠にしているのでしょうか?


日本共産党は「決算書の内容も分からない経済音痴」なのか
日本共産党は「決算書の数値を捏造する嘘つき政党」なのか。

答えは2つに1つです。


管理者のみに表示