◎憲法9条 評価70%(NHK) 改憲反対53%(朝日)

 5月3日は、憲法記念日。NHKなどメディアの世論調査で、戦争を放棄し、戦力を持たないとした憲法9条は国民の間に定着していることが明らかになりました。

 安倍首相は、9条をふくめた改憲に執念を持ち、今年秋にも改憲発議をし、2020年に施行することをめざしています。NHKと朝日新聞の世論調査を見てみると――。

 NHKでは、安倍首相の言うような自衛隊の存在を9条に明記することについては、「賛成」31%、「反対」23%、「どちらともいえない」40%でした。一方で、9条についての「評価」を聞くと、「非常に評価」28%、「ある程度評価」42%で、「評価」を合わせると70%にのぼりました。

60 nhk 9条評価 7割


 9条を評価する国民は圧倒的多数で、9条が国民に定着していることを示しています。しかし、9条を評価しながら、自衛隊の存在を明記することとは、矛盾するように見えます。

 これは安倍首相が、自衛隊の存在を明記しても「何も変わらない」とのべていることが影響しているようです。

 9条2項は、「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」としており、これに自衛隊の存在を明記すれば2項は空文化してしまいます。

 安倍首相は、9条を多数の国民が評価していることを知っているために、「何も変わらない」として巧妙に2項の空文化をねらっているのです。9条が空文化すれば、どうなるのでしょうか?

 安倍首相は、憲法違反の集団的自衛権の行使を盛り込んだ安保法制(戦争法)を強行しました(2015年)。地球の裏側にまで米軍とともに自衛隊を海外に派兵することを可能にしたのです。9条2項を空文化すれば、自衛隊は憲法も認めているとして大手をふって海外に派兵できるようになります。

直 図 安倍改憲 反対58%
(朝日新聞 世論調査)

 朝日新聞の世論調査では、安倍首相の「9条改正案」に「賛成」39%で、「反対」53%でした。反対が過半数です。また安倍政権下での9条をふくむ憲法改正には、「反対」58%、「賛成」30%でした。

 しかも、「反対」は、昨年の50%より、8ポイント増えています。安倍首相が9条を改憲しようとしていること、その日程までが明らかになってきたことで、改憲に警戒する人が増えたことを示しています。

スポンサーサイト
戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2018/05/03 20:11
コメント
改憲派が増えていますね。
No title
そもそも憲法学者が自衛隊は違憲と
言ってるから、自衛隊の存在を明記して
置く必要があります。
朝日新聞の世論調査なんか・・
誰も信じないでしょう・・
フェイク記事が多い新聞に。
他の事案が影響し支持率が変化しているだけでしょう。
そこを、自分達の良いように描くので信用出来ません

政府与党も、もっと具体的に例を上げ国民に考えさせなければならない。

逆に野党に、日本の守りかたを聞いてほしい。

みんな友達だから、外交で~って回答だけどね

管理者のみに表示