◎「Y字路」にはまった画家

 横尾忠則氏は、「Y字路」にはまった画家である。画集「東京Y字路」や自身が写真に撮った「全Y字路」などがある。街角にある「Y字路」だけを集めた画集であり、写真集である。

 横尾氏の「Y字路」を見るまでは、街を歩いていても気にもならなかった。ありふれた街の風景だからである。こんな風景が絵のモチーフになるなんて考えもしなかった。

14 横尾忠則 絵葉書
( 横尾忠則氏の「Y字路」の絵葉書)

 ところが横尾氏の画集を見ていて奇妙な感覚に襲われた。右と左に道があり、お前はどちらに行くのか…。右へ行ったら何があるのか? 左へ行ったら何か起きるのか? 絵は、そんな問いかけをしているようだ。

 横尾氏は、兵庫県西脇市生まれで、原風景ともいえる「Y字路」がある。それが「暗夜光路 N市-Ⅰ」である。西脇市の地図を見ると、川と山に沿って「Y字路」があちこちにある。

 それから街歩きをしていると、「Y字路」が気になり始めた。「Y字路」に出会うと、そこでしばし立ち止まり、右の道路の先のことを考え、左の道路の先に思いをめぐらす。そして、写真を撮る。

12 Y字路
(街の「Y字路」)

 絵画とは、不思議な魅力、光彩を放つ。この大型連休、絵画を開いてみたい。豊田市には、まだまだ知らない「Y字路」があるのだろう。改めて街を歩いて再発見したい。
スポンサーサイト
その他 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2018/05/01 21:20
コメント
共産党による記事隠蔽が勃発?
先日、カクサン部でデマ記事のカクサンをしたことをこっそり消したのに引き続き、今度は赤旗の記事をこっそり削除。

公文書の隠蔽や捏造を笑えない状況になってませんか?

https://twitter.com/nitiyoutwitt/status/991481768543862786?s=19
【赤旗日刊2日】小学校に飲料水贈る/共産党ボランティアセンター 京都からの思い中継/福島・南相馬 小高区 https://t.co/OG0Rv7B84f


※当該の赤旗記事は福島差別との批判が出たせいか削除されている。
No title
共産党が隠蔽した赤旗の記事はこちら
http://archive.is/38Cvs

管理者のみに表示