FC2ブログ

◎完全な非核化で核のない朝鮮半島を 南北首脳会談

 地面に敷かれたコンクリートブロックの軍事境界線。北側から近寄る金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長。南側で待つ韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領。軍事境界線を越えた金委員長と文大統領ががっちり握手。

 2018年4月27日午前9時半。息を殺してテレビの生中継に見入る。突然、2人は軍事境界線を越えて北側へ。文大統領が「金委員長が南側にいらしたのに、私はいつごろ(軍事境界線を)を越えることができるでしょうか?」

 その問いに金委員長は、「じゃぁ、いま越えてみましょうか」と返答。2人は手をつないで軍事境界線を越えて北側へ。そして、また南側へ――金委員長のサプライズでした。軍事境界線の板門店での2人の姿に、「必ず、朝鮮半島に平和を」と願わざるを得ませんでした。

 午前中の会談の後、2人は散歩に出かけ、側近も遠ざけて2人だけで約30分も話し合いました。初めて会ったとは思われないほどの打ち解けた表情で、笑顔がこぼれます。

 11年半ぶりに開かれた第3回南北首脳会談。しかも、北朝鮮の首脳が初めて軍事境界線を越えて開かれたという文字通り歴史的会談となりました。「完全な非核化を通じて核なき朝鮮半島の実現することを確認した」という「板門店宣言」に署名したのです。

 ミサイル発射、核実験…この1年ほどの北朝鮮の相次ぐ軍事挑発から一転して平和への大きなうねり。非核化への具体的な道筋がないという指摘がありますが、会談は緒についたばかりです。

 南北会談に続いて6月初旬までには、金委員長とトランプ米大統領との初めての米朝会談が開かれます。世界平和へ大きな一歩となって欲しいというのは圧倒的な人々の願いでしょう。

南北首脳会談 赤旗
(南北首脳会談を報じる「しんぶん赤旗」の4月28日付=手前=。金委員長と文大統領が手をつないで軍事境界線を越えます)

 「板門店宣言」の骨子は次の通りです。

 ・完全な非核化を通じて核なき朝鮮半島を実現
 ・年内に朝鮮戦争の終戦宣言を行い、休戦協定を平和協定に転換するため南北米または南北米中の協議を進める

 ・偶発的な軍事衝突を防ぐための平和水域を設ける
 ・北朝鮮の開城(ケソン)に南北共同連絡事務所を設置
 ・文在寅大統領が秋に平壌を訪問
 ・両首脳は定期的な会談と電話協議で懸案を随時協議する
 ・離散家族の再会を進める

 日本共産党の志位和夫委員長は次のような談話(要旨)を発表しました。

……
「板門店宣言」は、朝鮮半島の非核化と、北東アジアの平和体制の構築に向けた大きな前進である。日本共産党はそれを心から歓迎する。今回の合意が履行され、73年間に及ぶ南北分断と対立が解消に向かい、南北の人々が平和と繁栄のなかで暮らせるようになり、統一に向かうことを心より願う。

 文大統領自身が、今回の首脳会談を米朝首脳会談への「道案内」と位置づけているように、南北、米朝の二つの首脳会談は密接につながっている。南北首脳会談の成果を踏まえ、米朝首脳会談が大きな成功をおさめることを、強く期待する。
……
スポンサーサイト
戦争と平和 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2018/04/28 09:40
コメント
No title
北朝鮮の非核化は米朝会談で全てが決まる!
トランプがノーと言えば、北と南の平和友好も崩れかける。
そんな中、拉致問題を最優先課題にトランプ大統領を訪問した安倍総理、国民の期待がかかってます。
安倍総理、頑張って下さい!
拉致被害者の早期帰国を実現してください!
No title
民主的に選ばれた首相を独裁者呼ばわりし、核実験やミサイル実験を強行し兄弟すら暗殺した独裁者に期待する。

共産党の本質が良く分かります。
何かあれば、安部ちゃんの責任だから。

口だけの無責任政党。

No title
「安倍総理、頑張って下さい!」? 「国難」とか「対話のための対話は意味がない」などと言い続けた安倍総理は、南北会談、米朝会談から蚊帳の外に置かれているともっぱら言われています。
No title
共産党の上層部では蚊帳の外にあると言われているようですが現実ではこの通り。

https://www.asahi.com/articles/ASL4L24TBL4LUTFK001.html
米朝会談で拉致問題提起 日米首脳、圧力維持で一致

首相はまず、通訳のみを入れ、大統領と2人だけで約55分間会談。安倍首相は冒頭、南北、米朝首脳会談が行われることを念頭に「日米が国際社会をリードして圧力を最大限に高めた結果、北朝鮮から話し合いを求めてきた。私たちのアプローチは成果を上げている。米朝首脳会談を決断した大統領の勇気に対して称賛したい」と述べた。

 これに対し、トランプ氏は「日本と米国は北朝鮮問題で、しっかりと手を携え、まったく意見は一致している。金正恩・朝鮮労働党委員長との会談が6月の初旬かその前にあるかもしれない。うまくいかない可能性もあるし、会談が開かれない可能性もある」とした上で、「これまで取ってきた非常に強い姿勢で臨みたい」と応じた。


共産党お得意の捏造ですかね?

管理者のみに表示