◎「1点の曇りもない」答弁撤回せよ 小池書記局長、首相を追及

 安倍首相が国政を私物化しているのではないか、と疑惑を持たれている加計学園問題で、衆参両院は7月24、25の両日、参考人を呼んで閉会中審査を開きました。安倍首相側は、「記憶にない」「記録がない」を連発。疑惑はますます深まりました。

 安倍首相は、友人の加計孝太郎加計学園理事長が、獣医学部の新設を求めて動いていたことを知ったのは、国家戦略諮問会議に獣医学部の事業者として認定された今年1月20日の同会議だった、とあっと驚く答弁をしました。

 昨年だけでも、加計氏と7回も会食やゴルフをしていることを安倍首相は認めているのに、獣医学部のことはまったく話がでなかったというのです。安倍首相側は、加計学園が特区に決まったプロセスには、「1点の曇りもない」などと強弁しました。

30 衆院 閉会中審査 20170724
(参考人=向こう側の前列=を呼んで開かれた衆院の閉会中審査=7月24日、朝日新聞から)

 注目されたのが、前川喜平・前文部科学省事務次官と和泉洋人首相補佐官の参考人対決です。和泉氏は、「総理は自身の口から言えないから、私が代わって言う」と前川氏に国家戦略特区における獣医学部の新設について文科省の対応を早く進めるよう求めたのです

 和泉氏は、「そういった記憶はまったく残っていません。言っておりません」と全面否定。前川氏は、和泉氏から伝えられた獣医学部新設は、総理の考えだと思った、と答えました。

 日本共産党の小池晃書記局長・参院議員は、加計氏が山本有二農林水産相、山本幸三地方創生担当相に昨年8月から9月にかけて面会したことを追及。両大臣とも面会で獣医学部の話が出たことを認めました。

 「2人の大臣に獣医学部の話をしたのに、何度も加計氏に会っている首相がなぜ知らないのか」と、その不自然さを指摘しました。

 さらに小池氏は、加計学園に決まったプロセスに「一点の曇りもない」とする安倍首相側の説明を撤回するよう迫りました。撤回を拒否する安倍首相に対し小池氏は、「1点の曇りもないなどという発言に国民は不信を強めている」と批判しました。

 2日間の閉会中審査で、「1点の曇りもない」どころか、安倍首相側が立つ空は真っ黒な雲におおわれていることが鮮明になりました。「加計ありき」を認めれば、行政をゆがめて国政を私物化したことになり、安倍政権は退陣に追い込まれるでしょう。

 認めなければ、「記憶にない」「記録がない」などと虚偽答弁まがいのことを延々と続けなければならなくなる――安倍政権は袋小路に入り、3割を切った支持率をさらに下げざるを得なくなるでしょう。
スポンサーサイト
安倍政権 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2017/07/26 19:14
コメント
共産党は民進党の最高顧問の支援者である加計学園理事長との関係と民進党の前進である民主党が特区を認可し
さらには国会で民進党議員が政府に働きかけを求めたことを何故無視するのか?

民進党やそのバックから圧力を受けているのではないか?
潔白であるならそれらを明らかにすべきでは?
共産党は民進党やマスコミとタッグを組んで売春と公務員の違法斡旋で更迭された前川氏の擁護のためなら、前川氏の加計ありき論を否定する答弁を隠蔽?



前川氏は「首相と加計学園理事長が友人だと認識していた。加計学園が今治で獣医学部を作りたいという希望を持っていると知っていた」などと説明した。しかし和泉氏は「加計学園には一切触れていない」と断言し、前川氏も否定しなかった。与党議員からは「思い込みだ」とヤジが飛び、普段は冷静沈着な前川氏の表情がこわばった。

 前川氏は「面会の時点で獣医学部を作る意向を持っていたのは加計学園だけだった」とも述べたが、京都府と京都産業大は28年3月に政府に獣医学部新設を提案している。ここを詰められた前川氏は「京産大の具体化した計画を承知していなかった」と釈明した。

 和泉氏と同年10月17日に面会した際、前川氏は「強力なライバルである京産大が具体的な構想を持っている状況を踏まえ検討中と答えた」と語り、一転して京産大の存在を獣医学部新設に抵抗した理由に挙げた。
情報操作世論誘導感が半端ない

一連の問題とされてるのが、私たちに何か影響があるのか?

安部倒したら、聖人が現れるのかな?

日本の政治を停滞させて混乱させて、喜ぶやからの姿が見えます

No title
民進党議員の変遷


@tamakiyuichiroさんのツイート(https://twitter.com/tamakiyuichiro/status/13277184948?s=09)をチェック
畜産農家のメンタルケアも重要です。政府をあげて対応しなければなりません。また、産業動物の獣医が不足していることにも、早急な対応が必要です。



獣医師会から献金を貰う



獣医学部新設に反対
No title
私は加戸元愛媛県知事の発言で、前川氏の偽証の
疑いが高まったと感じたのですが・・・

前回も今回も、加戸さんの後の前川氏の答弁は
明らかに動揺し噛み噛みでした。
あれは、嘘をついている証拠でしょう。

メディアは都合が悪いので、加戸氏の答弁は
ほとんど記事にしない。
まったくもって公平性に欠ける酷い話です。
No title
真っ黒な雲から、雷と沢山の雨が降っても
後には、夏のギラギラした太陽が顔を出します。

総理もきっと同じようなものと私は信じています。

管理者のみに表示