◎トヨタの大株主 カストディアンとは?

 トヨタ自動車は、2017年3月期の有価証券報告書を6月23日、金融庁に提出しました。このなかに大株主として上位10位までを公表しています。

 1位は、「日本トラスティ・サービス信託銀行」で、全株式の11・01%を保有しています。2位は、トヨタ自動車の親会社の豊田自動織機で6・33%。3位が「日本マスタートラスト信託銀行」で4・7%です。

 豊田自動織機はわかりますが、「日本トラスティ・サービス信託銀行」とか、「日本マスタートラスト信託銀行」とは何でしょうか? この疑問に答えてくれるのが、『財界支配――日本経団連の実相』です。

直 トヨタ 大株主 2017年3月期


 日本共産党の佐々木憲昭・元衆院議員が16年1月に出版した本です。トヨタなど経団連の役員企業を1970年代から約50年にわたって、自民党政府とのつながりや売上、利益の海外依存度の変化、株主の変化、税・金融政策、軍事産業などにわたって詳細に分析した力作です。

 以下は、本書からの引用です。カタカナ名の2つの信託銀行は、カストディアンといわれる、投資家に代わって有価証券を管理・保管する業務に特化した信託銀行・資産管理信託会社のことです。

 カストディアンの背後にいるのが資産運用会社であり、そのウラには資金の直接の出し手である投資家がいること。投資家は、年金基金、保険会社などの機関投資家が中心ですが、ヘッジファンドの投機スジもあるといわれています。

 カストディアンは、投資家の代理人で、「常任代理人業務」(カストディ)が名称の由来です。

 「日本トラスティ・サービス信託銀行」は、三井住友トラスト・ホールディングス系が2000年に設立したものです。「日本マスタートラスト信託銀行」も同年に、三菱UFJ信託銀行系が設立したものです。

 トヨタの大株主の9位の「資産管理サービス信託銀行」もカストディアンで、みずほフィナンシャルグループ系です。トヨタの1・63%の株を保有しています。3つのカストディアンは、3大メガバンクの系列ごとに設立されたものです。

 また、アメリカを中心とするグローバル・カストディアンもあります。トヨタの大株主5位の「ステート ストリート バンク アンド トラスト カンパニー」が、それにあたります。

10 財界支配 佐々木憲昭


 経団連役員企業では、1970~90年までは、大株主上位10位に占める日本と世界のカストディアンはゼロでしたが、2015年には6割を超えるまでに急速に増えました。役員企業は、カストディアンの圧倒的保有化に置かれているのです。

 カストディアンの最大の目的は、「保有資産の収益最大化を目指すこと」に置かれ、「運用収益を上げること」が「忠実義務」となっていることから、株主として企業に収益力向上と株主への利益還元を増進させるテコとなっています。

 実際、トヨタの株式配当は、リーマン・ショック時の巨額赤字を抜け出した後の12年3月期の1株50円から急激に上昇し、17年3月期は210円と4倍以上です。配当総額も1577億円から6275億円へと4倍になっています。

 17年3月期は営業利益が8595億円も減ったにもかかわらず、前期並みの1株210円を維持しました。株主ファースト、しかも日米のカストディアンに、トヨタの労働者が汗水して働いて上げた利益の大半が持っていかれるのです。

スポンサーサイト
決算・経営計画 | コメント(15) | トラックバック(0) | 2017/07/07 08:30
コメント
No title
まーたお得意のデマですか。

労働者の確定拠出年金の運用やら公的年金の運用ををやってる会社ですよ?

赤旗で紹介しておいて都合の悪い部分だけ隠して印象操作とか共産党は何度デマ流せば反省するのかな?



2016年9月19日(月)
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人) 筆頭株主にズラリ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-09-19/2016091901_01_1.html
どんな株をどれぐらい持っているのか―。英語名によるアルファベット順に並べられ、46ページに及ぶ公開資料を調べると、時価総額1000億円を超す銘柄は、トヨタ自動車の1兆5499億円を筆頭に、72社(3・5%)をかぞえました。

 GPIFは信託銀行などに委託して間接的に株を保有しているので、各企業が公表する「大株主」名簿には登場しません。そこで、時価総額1000億円を超す72社について、公開された資料をもとに、GPIFが仮に大株主として記載されるとしたら、株主順位はどうなるかを調べてみました。

 すると、トヨタ自動車は保有比率5・4%



公的年金の運用をしてるんだから労働者に還元されていると認めながら都合が悪いと捏造とか共産党は戦前回帰が激しいですね。
赤旗を党首からしてろくに読まず堂々とデマを飛ばすのが共産党の現状なのかな?

ブログ記事の担当者も赤旗をしっかり読んでおかしい記事は原稿を書き写す前に確認しては如何?
公的年金で株を買い支えていると批判

企業の株式配当を批判

企業の株式配当が下がり年金の運用益を減らす

国民の年金を目減りさせる

国民の不満を増大させて共産党支持を増やす?

酷いマッチポンプ?もあったもんだ。
共産党並びにトヨタで生きるの担当者は労働者の年金運用を毀損するデマの流布を止め謝罪せよ。

真面目に資料を調べて記事を書いている赤旗の記者はろくに赤旗も読まずデマを飛ばす党上層部に泣いてるんじゃないか?
No title
そもそも会社は従業員の物で無く、株主の物です。
ですから配当金も増やす、株主ファーストが当たり前で
トヨタの賃金も製造業では一番高い。
こんな裕福な会社で働ける人は幸福ですよ!
会社に感謝しています!
No title
>17年3月期は営業利益が8595億円も減ったにもかかわらず、前期並みの1株210円を維持しました。株主ファースト、しかも日米のカストディアンに、トヨタの労働者が汗水して働いて上げた利益の大半が持っていかれるのです。

配当批判しながら株主であるブログ主もチャッカリと配当を受け取っている。よくそんな批判ができるもんだ。
ところで共産党員が資本家(株主)になっていることに矛盾を感じないのか?
No title
ブログ記事書いてる人は引退したトヨタマンだっけ?
年金の運用会社見ればカストディアン恩恵を受けてると分かるんじゃねーの?

世界中の投資マネーのうちの大半は年金資産が占めてる事を共産党は知らないのかな?
トヨタで生きる の過去のブログ投稿より
http://toyotaroudousya.blog135.fc2.com/blog-entry-2224.html
GPIFが2015年3月時点で保有していた国内外の株式・債権の銘柄や時価総額は、表のようです。時価総額トップは、トヨタの1兆5499億円です。年金積立金で大企業の株式を買い支えていることがわかります。


昨年のこのブログでは公的年金が株主だと認め、株価が下がって年金が目減りと批判。通算で大幅な黒字で年金が増えるようになると今度は株式配当がカストディアンに流れると批判して国民の年金目減りへと誘導。

こんな国民を馬鹿にした事をやってて恥ずかしくないの?
No title
 コメント者のなかには、トヨタ自身も語っていないことを書いています。
 「そもそも会社は従業員の物で無く、株主の物です」

 「トヨタ行動指針」をよく読みましょう。
「トヨタは、事業活動そのものを通じて、また私たちを通じて、ステークホルダー(お客様・株主・地域社会など)をはじめ社会と深い関わりを持っています」

 ステークホルダーには、従業員も含まれているのは常識です。トヨタが株主だけのものではないことは会社も認めています。
No title
「株主であるブログ主」といっても、持ち株で涙ほどの株主。トヨタ全体でも個人株主は2割程度。圧倒的には、機関投資家ですよ。
No title
トヨタ行動指針などよりも上位の存在である会社法では会社は株主の物と定めています。

個人株主の直接保有は2割ですが個人の年金を束ねて委託された年金資産を運用する投資会社の割合が圧倒的なのは赤旗でも認めています。

ブログ主は赤旗をまず読んでは如何でしょうか?

それよりも共産党が国民を貧しくするために煽動している現状は大問題では?
No title
>「株主であるブログ主」といっても、持ち株で涙ほどの株主。
出資比率に応じて「議決権を持つ」「配当を受け取る」ことができるのが会社法の定め。
トヨタに不満があるならばお仲間達と株を買い占めてはいかがか?
またブログ主は少数の株式保有で会社を支配しようとするのか?共産党の危険性が垣間見える。
No title
書き間違えた。訂正する。
「○;大株主」「×;トヨタ」に不満があるならばお仲間達と「それ以上に」株を買い占めてはいかがか?
No title
赤旗でも否定されてるデマを堂々と飛ばして国民を騙して何も反省しないの?
No title
共産党はデマの謝罪も出来ない政党なの?
ブログ担当者は上層部に御伺いをたてないと明確なデマの撤回も謝罪も出来ないの?

共産党に自由は無いの?

管理者のみに表示