◎「戦争はいや!と、はっきり言いましょう」

 作家の沢地久枝さんが呼びかけた毎月3日に、「アベ政治を許さない」のボードを掲げて訴える行動が7月3日、全国各地で行われた。豊田市でも、豊田駅前で。

 7月に入って急に暑くなった。特に蒸し暑い。立っているだけで汗が流れてくる。今年の夏はどうなるのか心配だ。

許さない2


 この日の行動は、前日の2日に東京都議選の投開票が行われ、自民党が前回の半分以下、史上最低の23議席に終わっただけに、「アベ政治を許さない」の声にも力が入った。都民は、アベ政治をよく見ているのだ。

 共謀罪法の強行、国政を私物化する加計学園問題、2020年までに改憲する…などアベ政治に怒りが噴出したのだ。

許さない3


 リレートークでは、都議選の結果に触れながらアベ政治を一刻も早くやめさせ、国民のための政治をつくろう、そのためには野党と市民の共闘を衆院選めざし実現させようとの声が共通して出された。

許さない4


 いつも自作のプラカードを持って参加している女性が、初めてマイクを握った。静かな語り口で、自分の言葉で語った。

 「いやなら戦争はいや!と、はっきり言いましょう。変だと思うのなら、今の政治は変です!と、言いましょう」

 シンプルで、説得力があり、心にしみた。

許さない1
スポンサーサイト
戦争と平和 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2017/07/06 09:46
コメント

管理者のみに表示