◎おごる安倍氏は久しからず

 安倍自公政権の暴走や築地市場の豊洲への移転問題などが大きな争点になった東京都議選は、7月2日投開票されました。自民党が前回の59議席を大幅に減らして23議席、しかも過去最低の38議席(2009年)を下回る歴史的惨敗となりました。

 日本共産党は、8議席(09年)から17議席(13年)、19議席(今回)へと引き続き躍進。自公政権で防衛相を務めた小池百合子都知事が代表の「都民ファーストの会」が、追加公認を加え55議席で第1党となりました。

 民進党は、54(09年)、15(13年)、5(今回)とふるいませんでした。公明党は、09年、13年、今回といずれも23議席で、伸びしろはありませんでした。

都議選 各党の議席
(選挙ドットコムのニュースパスから)

 都議選は、国政選挙を先取りするといわれてきました。安倍自民党は、憲法違反の内心の自由を侵し、日本を監視社会にする共謀罪法を公明党と共に強行採決。森友・加計学園問題では、安倍首相自身の国政私物化が大問題になったにもかかわらず、まったく説明責任を果たそうとしませんでした。

 さらに、稲田朋美防衛相は都議選で、憲法と自衛隊法に違反して、「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と自民党への投票を求める演説をしました。自民党都連会長で、文科相を務めた下村博文衆院議員の加計学園からの闇献金疑惑、豊田真由子衆院議員の秘書へのパワハラ…などが相次いで発覚しました。

 おごる安倍政権に、内閣支持率が38%、不支持率が42%(朝日新聞、1、2日の世論調査)と支持、不支持が逆転しています。こうした、安倍政治に都民がノーを突き付けました。

 象徴的なのが定数4の品川区。日本共産党の白石たみお候補が再選されたのに対し、自民党の現職と新人の2人はそろって落選。同区では自民党の議席がなくなりました。

 自民党がこれほどの惨敗を喫したにもかかわらず、安倍首相や二階俊博幹事長ら幹部は責任を取ろうともせず、稲田防衛相は続投させるとしています。都民の審判をまともに受け止めようとはしていません。

都議選躍進
(当選した都議らとともに訴える日本共産党の志位和夫委員長=3日、新宿)

 日本共産党の志位和夫委員長は、次のように語っています。

……
 「森友」疑惑や「加計」疑惑にみられるような国政の私物化、さらに「共謀罪」法の異常な禁じ手を使っての強行にみられるような憲法を壊す政治、さらに憲法9条改定を持ち出し、それを乱暴に国民に押し付けようとしていることなど、安倍政権の一連のふるまいに、〝もうがまんができない〟〝今度ばかりは安倍政権を懲らしめなければいけない〟という声が、非常に強く都民のみなさんのなかに起こり、その怒りがこういう結果をつくったことは、明らかです。

 私たちとしては、総選挙に向けて、野党と市民の共闘を大いに発展させるとともに、日本共産党の躍進のためのとりくみを大いにすすめていきます。総選挙では、衆院における「改憲勢力3分の2体制」を打破する、自民党・公明党とその補完勢力を少数に追い込むことをめざして全力をあげる決意です。
……
スポンサーサイト
安倍政権 | コメント(9) | トラックバック(0) | 2017/07/04 09:52
コメント
No title
公明党と協力してる都民ファーストが公明党を通じ自民党との関係が改善したら与党勢力が過去最大の規模になったことに。
No title
http://www.jcp-tokyo.net/2017/0701/084607/
都民ファーストの会候補者、自民党出身が12人
BY JCP-TOKYO · 2017年7月1日

都民ファーストの会の候補者の中には、自民党を離党し同会に加わった都議が2人、区市町村議が10人もいることがわかりました。「古い議会」の刷新を掲げながら、「古い議会」「利権政治」の自民党政治を引きずったままの候補者を多数抱える都民ファーストに品等の都政改革ができるのかが問われています。

元自民党の都民ファーストの会候補者

選挙区 候補名 主な経歴
台東区 保坂真宏 自民党区議
品川区 山内晃 自民党都議
世田谷区 木村基成 自民党都議
豊島区 本橋弘隆 自民党区議
練馬区 尾島紘平 自民党区議
練馬区 村松一希 自民党区議
足立区 馬場信男 自民党区議
葛飾区 米川大二郎 自民党区議
小平市 佐野郁夫 自民党市議
北多摩1区 関野杜成 無所属市議
議会内では自民党と同一会派
北多摩4区 細谷祥子 自民党市議
島部 山下崇 元自民党町議
(「しんぶん赤旗」2017年6月29日付より)
No title
共産党が躍進したら、公安が更に忙しくなって
過労死する人が出るかもしれない。
そこは、共産党の望まない部分だと思うので
躍進するのは、公安監視対象から外れて
危険な団体、政党じゃなくなってからに
して下さい。

現時点では、危険すぎて近づけません。
No title
都議選の結果を見るに改憲勢力が圧倒的多数になったようですね。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-07-22/2016072202_02_1.html
東京都知事選(31日投票)に立候補した小池百合子元防衛相が、現行憲法の効力「停止」や「廃止」を主張し、国民の基本的人権を制限する「緊急事態条項」創設の手順まで政府に“伝授”していたことが、衆院の会議録でわかりました。
No title
赤旗に追い詰められる共産党が最近のトレンドみたいですね。
No title
赤旗に追い詰められる共産党 その3

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-06-20/2017062002_03_1.html
2017年6月20日(火)
「加計」、「共謀罪」強行の安倍暴走政治
都民ファースト何も語らず

都民ファーストの会は、都議選において公明党と選挙協力しています。「共謀罪」法の強行や「加計学園」問題などの国政私物化に怒り、「安倍自公政権に厳しい審判を下したい」との都民の願いを託すことはできないようです。
No title
都知事選で負けても、都議会で議席を大幅に失っても、佐藤栄作は長期政権でした。安倍内閣の支持率は下落しても、過去の内閣に比べれば高いし、民進の支持率は上がっていない。
No title
改憲派の小池さん率いる都民ファーストが圧倒的多数になり民進党の改憲派は続々と離党して党の軛から外れて改憲に賛同しやすくなってる。

こりゃあ安倍政権が改憲案を引っ込めないのも当然かもね。
No title
憲法改正の審理は、ゆっくりで良いと思うよ。有事の際は、かって来栖統幕議長(高文司法科試験・行政科試験の双方に首席合格)が言われたように、超憲法的・超法規的アクションをとればよいのです。

管理者のみに表示