◎韓国も脱原発へ フライデーリポート

 原発ゼロをめざす、関西電力東海支社(名古屋市東区)前での、毎週金曜日の行動が6月23日午後6時半から行われた。昼間の暑さは夏を感じさせたが、夕方からは風も出てきて涼しくなり、気持ちよかった。

 道路挟んで反対側にあるレクサス高丘店が改装中で、ショーウインドーがシートでおおわれていた。

 20人ほどで始まったが、午後7時過ぎには倍の40人近くになった。6月は1年中でもっとも日が長くなる。明るい中でスピーチが始まった。

関電前1


 この間、世界の原発問題で最も注目されたのが韓国の脱原発への動きであり、参加者がこの点にふれた。日本のメディアでくわしく伝えたのが、なんと産経新聞だった。

……
 韓国の文(ムン)在寅(ジェイン)大統領は(6月)19日、南東部、釜山(プサン)郊外で前日深夜に運転を終了した古里(コリ)原発1号機を訪れ演説し、原発政策を全面的に見直して原発中心の発電政策を破棄し、「脱原発に進む」と宣言した。

 2011年の東京電力福島第1原発事故にも言及し「原発は安全でも、安くも、環境に優しくもない」と強調した。

 文氏は「新規の原発建設計画を全面的に白紙化し、寿命を超えた原子炉も運転しない」と表明。また、昨年9月に南東部の慶州(キョンジュ)で起きた地震で建物に被害があったことに触れ、「韓国はもはや地震安全地帯ではない。地震は原発の安全性に致命的だ」と強調した。

 その脈絡で文氏は「福島原発事故で2016年3月現在、1368人が死亡し、被害の復旧に総額220兆ウォン(約22兆円)という天文学的な予算がかかるという。事故後、放射能の影響が原因の死者やがん患者の数は把握も不可能な状況だ」と指摘。福島原発の事故を“あしき前例”として挙げた。

 文氏は再生可能エネルギーや液化天然ガス(LNG)、太陽光、海上風力などによる発電を積極的に推進する方針を示した。
……

関電前2


 日本の隣国、韓国で大統領が原発ゼロを宣言したのだ。しかも、福島第一原発にふれて。すごいことではないか。中日新聞も24日付の社説で、こう指摘している。

……
 台湾でも一足早く、福島の教訓に従って、新政権が脱原発にスイッチを切り替えた。未来を見通す政治家ならば、福島の教訓→生命最優先→脱原発依存→再生エネへの転換という大きな流れに乗る方が、むしろ自然なのではないか。

 ところが福島のあるこの国が、教訓を生かせず、流れに乗りきれず、次に原子力規制委員になる人が「寿命延長」を公然と支持するような逆行をほのめかすのは、なぜだろう。隣国の変化を見守りながら、よく考えてみたいと思う。
……

 ドイツ、スイスなど世界中で脱原発の動きが広がるなか、深刻な原発事故を起こし、いまだに収束のメドも立っていない日本。関電のように稼働して40年以上にもなる老朽化原発を再稼働させている。安倍政権は、世界の流れに完全に逆行している。

 韓国の脱原発宣言は、関電前で6年以上にわたって続けてきたわれわれの原発ゼロの運動に確信を与えるものだ。次の世代に安心・安全な地球を残すために、もっと頑張らなくては、と思った。

 スピーチタイムでは、安倍政権が強行した「共謀罪」法を批判する人もいた。今日の行動には、中日新聞と「しんぶん赤旗」が取材に来ていた。次回参議院愛知選挙区候補に決まった日本共産党のすやま初美さんが参加していた。

関電前3
スポンサーサイト
原発ゼロへ | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/06/24 09:33
コメント
No title
スイスやドイツでは10数年から数十年スパンでの代替電力を確保しつつ電力供給に余裕ある状態での現実的な脱原発を選んだのに対して
日本の野党は即時脱原発しか言わないのが原因、脱原発派が世界の流れに乗れていないのが脱原発を進められない最大の要因。

スイスでは2029年の脱原発は否決され2050年までの脱原発が通った。
稼働開始から47年経過する原発も今も動いている。

都合の良い側面ばかりを取り上げ不都合な真実や現実を直視出来ないのが日本の脱原発派の敗因。
No title
>>その脈絡で文氏は「福島原発事故で2016年3月現在、1368人が死亡し、被害の復旧に総額220兆ウォン(約22兆円)という天文学的な予算がかかるという。事故後、放射能の影響が原因の死者やがん患者の数は把握も不可能な状況だ」と指摘。福島原発の事故を“あしき前例”として挙げた。

上記の記事は間違ってるでしょう。
福島原発事故では死亡者はほとんどいないでしょう。

津波で亡くなれた方はいますが・・
ガセネタ記事は削除して欲しいです。

管理者のみに表示