◎なぜNHKは大スクープを「クローズアップ現代」で?

 このブログ「トヨタで生きる」は昨日(6月21日)、安倍晋三首相の「反省」なき記者会見(6月19日)をアップしました。19日付の新聞テレビ欄は、午後6時からNHKが首相会見を生中継することを載せていました。

 欄の下の方、NHKの午後10時からの「クローズアップ現代」では、「加計学園で“新証言” 特区選定・公平性は?」とありました。“新証言”? 同番組を見てびっくり! 大スクープではないか。

 事実、NHKは、「官邸は絶対やる」「総理は『平成30年4月開学』とおしりを切っていた」「文科省だけが怖じ気づいている」などと書かれた「萩生田副長官ご発言概要」と題する文科省のメモを入手し、番組で明らかにしたのです。

 安倍首相の長年の友だちが理事長を務める加計学園は、獣医学部の新設を求めていました。萩生田光一官房副長官は、首相の名前をあげて同学園に決めるよう文科省に露骨に圧力をかけていたことがわかる決定的なメモでした。

クロ現 加計学園
(「クローズアップ現代」では、文科省の現役職員も登場して証言しています)

 なぜ、こんな大スクープを安倍首相の記者会見の後に、しかもニュースでなく企画番組で報じたのか? 記者会見の前にニューストップで報じていれば、安倍会見に激震が走り、記者の質問もそれに集中したでしょう。

 現場の記者が入手した重大な情報なのに、上層部が会見の後に報じるよう安倍首相に“忖度”したのではないか、と疑わざるを得ません。現場記者は泣いているのではないか――。

 翌20日、松野博一文科相は異例の速さで、メモを公表しました。これまでのように隠し続けることができなくなったからです。文科省が萩生田副長官に問い合わせしたところ、「詳細はよく覚えていない」としたうえで、「具体的開学時期などの発言はしていない」とのべたといいます。

 安倍首相は会見で、「今後、何か指摘があれば、その都度、真摯に説明責任を果たす」とのべたばかりです。日本共産党や民進党など野党は、衆院予算委員会の集中審議を(国会の)閉会中審査として行うよう求めています。

 しかし、自民党、公明党は拒否しています。後ろめたいところがなければ、首相のいうように「真摯に説明責任を果たす」べきでしょう。やっぱり、「加計ありき」だったのでしょう。世論調査にあらわれたように、国民はよく見抜いています。
スポンサーサイト
安倍政権 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2017/06/22 10:11
コメント
No title
こちらの共産党が全文を出せない「総理のご意向」の元ネタのメモで「〜とすれば総理からの指示に見えるのではないか」という官僚の記載があり。
http://netgeek.biz/archives/98162

今回の萩生田発言はその内容を伝聞して「官邸の意志」だと官僚から聞いている。


総理からの意向に見えるようにしよう

総理からの意向と聞いている

ブログで指摘されても党上層部からの原稿をそのまま書くしかない
共産党のブログ記事担当者は泣いても良いよ。
No title
そもそも官僚の仕事は政府からの指示でやってるわけでしょう。だから何ら問題は無い・・法律に違反する事ならダメだが普通に内閣から忖度があっても・・何ら不思議ではない。
野党の次元の低さが垣間見えると思う。朝日新聞を含め野党は倒閣に意図が見え見え・・と思いますが

管理者のみに表示