◎「凶暴な嵐に抗す桜花」

 今年の桜の開花、満開は、例年より1週間ほど遅れました。ソメイヨシノが満開になったと思ったら、雨、雨、花冷え…で散り始める。予定していた「桜を見る会」が天候不順で、屋内に変わったところもあったようです。

 4月15日、昼のNHKニュースを見ると、安倍晋三首相が主催する「桜を見る会」が東京・新宿御苑で開かれたというのを伝えていました。

桜 17年


 びっくりしたのは、首相の隣に昭恵夫人がいてニコニコしているではありませんか! 森友学園問題で野党が証人喚問を求めているなかで、自民党、公明党が頑として拒否している時の人です。

 昭恵夫人は、このところ人前に現れず、フェイスブックの更新も止まっているとネットで話題になっていました。安倍首相は、「風雪に耐えて5年の八重桜」と一句詠んだというのです。朝日新聞は次のように報道しました。

……
 「学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題をめぐる国会審議を念頭においてか、「特に今年の前半は、本当に風雪に耐えているとの感を強くしている」とも述べた。また、働き方改革をはじめ、1億総活躍社会の実現に取り組む決意を改めて示した。
……

 「風雪に耐えて」? どんでもありません。風雪に耐えているのは国民・労働者の方です。

 安保法制(戦争法)に基づく南スーダンPKOへの自衛隊派遣、トランプ米大統領のシリア空爆について「米国の決意を支持」、アベノミクスの行き詰まりと破たんなどによる格差と貧困の拡大、原発再稼働、沖縄・新基地建設の強権的強行、労働者の残業を過労死ラインの「月100時間未満」まで容認…。

豊田駅前 4月3日
(「アベ政治を許さない」と豊田駅前で行動する人たち=4月3日)

 さらに、「心の中」を処罰する違憲立法であり、一般の人が処罰対象になり、「テロ対策」とまったく関係がない――などの重大な問題をはらんだ共謀罪の審議も強行しました。

 暴走に次ぐ暴走の安倍政権。もはや凶暴になったとしか言いようがありません。国民・労働者に代わって次の一句を読みました。

 「凶暴(共謀)な嵐に抗す桜花」
スポンサーサイト
安倍政権 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2017/04/15 16:09
コメント
No title
凶暴な安倍が率いる内閣が、なぜ、高支持率を維持しているのでしょうか?
安倍尚内閣の問題閣僚である稲田防衛相に、今の日弁連会長が政治献金をしたことが、宇都宮健児弁護士等により暴露されました。今の日弁連会長は、安倍共謀内閣のサポータということになりますね。
No title
共産党は東京都知事選挙で宇都宮候補をポイ捨てして関係が悪化したから宇都宮候補に関する記事は取り扱わないよ。
No title
何でもかんでも安倍政治にマイナスイメージの
レッテルを貼るのは、そろそろやめてもらいたい。

とことん反対しながら、名古屋市長選では自民と
同じ候補を支持して、これまで自民を支持してきた
人たちから「共産党も支持するなら・・・」と
一部から拒絶反応示されるし。

野党共闘の最大政党である民進党も、離党者が増え怪しい状態。
トヨタOBのブログ主にしては、現状把握が
甘すぎませんか?
身内にも、厳しい現状把握が必要なのでは?


ちなみに名古屋市長選、私は河村市長にも賛同
できないけど。岩城候補も共産党の支持を受入れる時点でNoです。
今まで、無意味だと思って一度も行わなかった
人生初の白票行動に出るかもです。
No title
首相が主宰して、招待者を招いて行うイベント
なんだから、首相夫人が同席して、笑顔で対応
するのは、当然の行いで批判されるべきことは
一切無いのではないでしょうか。

管理者のみに表示