◎禁止されていない唯一の大量破壊兵器・核兵器

 NHKスペシャル「映像の世紀」シリーズは、20世紀の第1次、第2次の世界大戦の悲惨で、愚かな戦争の様子などを映像で余すところなく伝えた優れた番組です。

 そのテーマ音楽“パリは燃えているか”の作曲家・加古隆のピアノとオーケストラのコンサート(2016年9月10日)が同年12月4日、BSプレミアムで放送されました。

 第1次世界大戦で、ドイツ軍によって登場した毒ガス兵器。兵士たちが毒ガスを撒き、これを防ごうと防毒マスクをする兵士たち…毒ガス戦の生々し映像に、沈鬱なオーケストラの音響が重なります。

 毒ガス兵器は現在、残虐・大量破壊兵器として国際的に禁止されている生物兵器や化学兵器に含まれています。しかし、毒ガス以上の大量破壊兵器の核兵器は、国際条約で禁止されていない唯一のものです。

 その核兵器を、国際条約で「違法化」し、「悪の烙印」を押す国連の会議がいよいよ3月27日から米・ニューヨークの国連本部で開かれます。「核兵器全面廃絶につながる、核兵器を禁止する法的拘束力のある協定について交渉する国連会議」です。

 会議には、アメリカやロシア、中国など核保有国が“段階的アプローチ”の立場から参加しようとしていません。しかも、唯一の被爆国の日本がアメリカに追随して参加しないという事態になっています。

核兵器 保有地図
(『No Nukes』(講談社)から)

 訪米中の日本共産党の志位和夫委員長は24日、国連本部で、キム・ウォンス国連軍縮担当上級代表と会談し、「核兵器禁止条約の早期締結にむけた国際的合意を」と題する要請書を手渡しました。

 要請文のポイントは、次のようです。

 一、生物兵器や化学兵器が禁止されているもとで核兵器は国際条約によって禁止されていない唯一の大量破壊兵器。
 一、核保有国は、2000年、2010年のNPT(核不拡散条約)再検討会議での国際的誓約に背いて、核軍備を近代化・強化。

 一、被爆者の訴え、一連の国際会議などを通じ、核兵器が非人道的で残虐な兵器であることは誰の目にも明らか。
 一、核兵器禁止条約の早期締結にむけた国際的合意の達成を要請。この課題の先送りはできない。国際社会がいま、一歩、大きく踏み出すことを願う。

 豊田市では、終戦1日前の1945年8月14日、現在のトヨタ本社工場とその周辺に、アメリカ軍によって長崎に落とされた原爆と同じ核模擬爆弾が投下されました。

 核兵器を「違法化」し、「悪の烙印」を押すために、豊田市から声を上げようではありませんか。
スポンサーサイト
戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2017/03/26 17:24
コメント
No title
それなら「国際的な悪の組織」であるテロリストを抑制するための「国際組織犯罪防止条約」の加盟条件である「共謀罪」の策定をなんで妨害してるの?
No title
禁止されている化学兵器ですが隣の国でミサイルを我が国の近くにバカスカ撃ち込んでいる北朝鮮は化学兵器禁止条約に調印せず、つい最近も国のトップの親族を化学兵器で暗殺したりしています。

共産党は化学兵器から国民を守るための条約や国際機関に則った自衛隊の化学兵器研究も否定していたけど本当の意図は兵器の禁止以外の所にあるんじゃないかな?
No title
志位委員長の化学兵器のスタンス

2013年
志位「米英はシリアが化学兵器を使用していると一方的に断定している!」
「化学兵器の工場破壊を口実に攻撃することは許されない!」

2014年~2015年
シリアは塩素ガスやマスタードガス等を空中から投下して虐殺行為を行う

国際機関が名指しで指摘も政権側は否定、シリア政府を擁護した共産党に動きは無し。
http://mainichi.jp/articles/20160825/k00/00e/030/176000c

管理者のみに表示