◎共産・小池議員 「森友学園」問題で自民議員の「面談記録」示し追及

 NHKテレビが中継した3月1、2日の参院予算委員会で、日本共産党の小池晃書記局長・参院議員は、政治の焦点になっている「森友学園」問題について自民党国会議員の「面談記録」をもとに追及しました。

 「面談記録」は、「森友学園」問題に政治家が介入していたことを示すもので、“疑獄事件”になるのではないかともいわれる「森友学園」問題の本質に迫る迫力あるものでした。

 1日午後4時半ごろ始まった小池質問。午後5時20分ごろに1日目の質問が終わると、自民党の鴻池祥肇参院議員・元防災担当相が記者会見。「面談記録」は、同議員の事務所のものであることが明らかになりました。

 小池議員はこの日の質問で、大阪市内の学校法人「森友学園」(籠池泰典理事長)へ豊中市内の国有地が格安で売却された問題で、「面談記録」を読み上げました。同記録は、財務省、近畿財務局、国土交通省大阪航空局に籠池氏が値引きなどを要求していたものです。

 「政治家の働きかけはなかった」としてきた安倍晋三首相のこれまでの答弁は崩れ、委員会室に「ほーと」というどよめきが起こりました。「しんぶん赤旗」と朝日新聞は、2日付で「面談記録」から、そのやり取りを作成しています。

50森友学園の面談記録から
(「しんぶん赤旗」、3月2日付から)


朝日 森友学園 面談記録
(朝日新聞、3月2日付から)

 2日目の3月2日の質問で、小池参院議員は「面談記録」は、鴻池議員のものであったことが明らかになったと強調。佐川宣寿理財局長は、前日と同じように「記録は残っていない」をくり返したために、審議はしばしば中断しました。

 安倍首相も、「私は売買にまったくかかわっていない」とのべ、小池参院議員から自民党総裁としての責任を問われても、「本人に説明責任がある」などと人ごとのように答弁しました。

 小池議員は、「疑惑にふたをするような姿勢しか見えてこない」として、籠池理事長、当時の財務省理財局長である迫田英典氏(現国税庁長官)の証人喚問を強く要求しました。

【学校法人「森友学園」の3つの問題点】
① 幼稚園で園児たちに、戦前の軍国主義を煽った「教育勅語」(戦後、廃棄)などを暗唱させる。運動会では、「大人の人たちは日本が他の国々に負けぬよう尖閣列島、竹島、北方領土を守り、日本を悪者として扱っている中国、韓国が心改め、歴史教科書で嘘を教えないようお願いします。安倍首相ガンバレ、安倍首相ガンバレ。安保法制国会通過良かったです」などと宣誓させる。

② 安倍晋三首相夫人の昭恵氏が名誉校長に就任(事件発覚後に辞任)。同夫人が幼稚園で複数回講演。法人が「安倍晋三記念小学校」の名前で寄付金を集める。

③ 法人が4月1日開校予定の私立小学校(瑞穂の国記念小学院)用地として、大阪府豊中市の国有地(大阪空港局所有)を買収。土地価格は9億5300万円だったが、土地の地下にごみなどの埋蔵物があるとして、その撤去費用の8億1900万円を差し引き、1億3400万円で売買される。
スポンサーサイト
安倍政権 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2017/03/02 13:54
コメント
No title
それで、肝心の地下の産廃の有無は確認してないの?
No title
共産党含め野盗いや野党の皆さんは共謀罪以下の証拠もない疑惑で個人を追い込めようとしていて自民党政権よりも国民の権利を侵害しそうな気配が漂ってますね。
No title
こんなサイトもあるでよ。問題となっている学校と民進の松原仁との密接な関係が指摘されてる。

http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50495474.html



No title
「教育勅語」のどこが問題なんだろう?

私が思うには、我が皇室の先祖が国を始められたのは、はるかに遠い昔のことで、代々築かれてきた徳は深く厚いものでした。我が国民は忠義と孝行を尽くし、全国民が心を一つにして、世々にわたって立派な行いをしてきたことは、わが国のすぐれたところであり、教育の根源もまたそこにあります。
あなたたち国民は、父母に孝行し、兄弟仲良くし、夫婦は仲むつまじく、友達とは互いに信じあい、行動は慎み深く、他人に博愛の手を差し伸べ、学問を修め、仕事を習い、それによって知能をさらに開き起こし、徳と才能を磨き上げ、進んで公共の利益や世間の務めに尽力し、いつも憲法を重んじ、法律に従いなさい。そしてもし危急の事態が生じたら、正義心から勇気を持って公のために奉仕し、それによって永遠に続く皇室の運命を助けるようにしなさい。これらのことは、単にあなた方が忠義心あつく善良な国民であるということだけではなく、あなた方の祖先が残した良い風習を褒め称えることでもあります。
このような道は、実にわが皇室の祖先が残された教訓であり、その子孫と国民が共に守っていかねばならぬことで、昔も今も変わらず、国の内外をも問わず、間違いのない道理です。私はあなた方国民と共にこの教えを胸中に銘記して守り、皆一致して立派な行いをしてゆくことを切に願っています。
明治二十三年十月三十日
明治天皇


こんな感じの内容なんだけど、父母に孝行し、兄弟仲良くし、夫婦は仲むつまじく、友達とは互いに信じあい・・・って部分が国の転覆を狙う
共産党としては、嫌悪感を感じてしまうのかなぁ。
No title
これがダメなら・・・・
これもダメだよね。

http://hosyusokuhou.jp/archives/48786461.html

管理者のみに表示