◎孤立するトランプ大統領 安倍首相をゴルフに招く?

 イスラム圏の7カ国からの入国を禁止するなどトランプ大統領の大統領令(1月27日)に、米カリフォルニア州サンフランシスコの連邦控訴裁判所(二審)は2月4日、地裁命令の停止を求めた米司法省の訴えを退ける決定を出しました。これにより、大統領令は引き続き停止されます。

 トランプ大統領は、「この判事とかいうやつの意見は、国から法執行を奪うもので、ばかげており覆される」などとツイッターで10回も口汚く攻撃。裁判所も無視する憲法違反の姿勢に世界から完全に孤立しています。

 アップルやグーグル、マイクロソフトなどIT関連の約100社は5日、大統領令について反対する文書を共同で裁判所に提出しました。「アメリカのビジネス、イノベーション、成長に深刻な影響を及ぼす」と批判しています。

 アップルの故・スティーブ・ジョブス氏がシリア移民の子どもであり、グーグルのスンダル・ピチャイ最高経営責任者(CEO)がインドからの移民であるように、多様な人材で成り立っているからです。

 安倍首相は、10日にトランプ大統領と会談します。「内政問題でコメントする立場にない」と大統領擁護とも見える姿勢をとってきただけに、どのような会談になるのでしょうか?

 トランプ大統領は、「みずからの別荘がある南部フロリダ州で安倍総理大臣とゴルフを行い、親睦を深めたいという考えを示しました」(7日のNHKニュース)と安倍首相を大歓迎する意向です。

30 トランプ 安倍首相とゴルフ
(NHKニュース、2月7日から)

 トランプ大統領の差別・排外主義的な姿勢に、ワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、フィラデルフィアなど米各地で、抗議の市民の集会が行われています。

 地裁に訴えたワシントン州のボブ・ファーガソン司法長官は、判決後の記者会見で、「憲法の勝利だ。大統領といえども法を超越することはできない」とのべました。

 その様子をテレビで見ました。アメリカの民主主義は、決して死んでいないことを感じました。トランプ大統領の独裁を阻止するのは、米国と世界の世論と運動だということを見せつけられました。

スポンサーサイト
その他 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2017/02/07 07:39
コメント
No title
また、週刊誌以下の捏造ですか。

孤立どころかイギリスとはこんな風に関係強化してるじゃないですか。

トランプ米大統領、メイ英首相と会談-「素晴らしい」関係築くと言明
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-01-27/OKGG3ZSYF01S01

管理者のみに表示