◎”退屈なクルマ”を返上か? 「C-HR」発売

◎退屈なクルマを返上か? 「C-HR」発売

 トヨタは、満を持して小型SUV「C-HR」を12月14日、4チャンネルの販売店でいっせいに発売した。カローラに代表されるように、圧倒的に売れて万人受けする一方で、一部から“退屈なクルマ”と称されてきたトヨタ車。これを返上できるのか?

 あえてC-HRという英語名にしたことも、これまでのクルマとは違うということか? 「compact high rider」の略だという。最大の特徴はデザインだ。

 「これがトヨタ車?」というほど、とがったデザインに仕上げてある。大きなタイヤ、小さめの流線型の窓、彫刻したような彫りの深いゴツゴツ感…確かにこれまでのトヨタ車にない個性をアピールしている。

 4代目プリウスに続く「TNGA」(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)の第2弾になる。プリウスとプラットホームを共通にするなど、これまでの車種ごとの開発を改め、ユニットごとに開発して共通化し、原価低減などをめざす手法で開発された車だ。

30 プラットフォーム c-hr
(「C-HR」のプラットホーム)

 価格は251万6400円からで、約243万円からのプリウスより高い設定だ。1・2リットルターボエンジンと1・8リットルのハイブリッドがある。ハイブリッドの燃費は1ℓあたり30・2km。

 トヨタの子会社のトヨタ自動車東日本の岩手工場とトルコの工場で生産される。販売目標は、月6000台。発売前から予約を受け付けており、2万9000台あったという。世界100カ国で販売する世界戦略車と位置付けている。

 書店には、早くも『新型C-HR』の本が並んでいる。ハリアー、RAV4、レクサスRXなどトヨタの歴代SUVの紹介などをしている。

 各社が若者をターゲットにSUVに力を入れるなか、C-HRはどんな存在感を発揮するのか?

                ◇

 この記事は、12月16日にアップする予定でしたが、都合により前日にアップしました。
スポンサーサイト
トヨタ車 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/12/15 18:13
コメント

管理者のみに表示