◎菅原文太が愛したラーメンとぎょうざ

 また、NHKのサラメシの話題です。11月17日に俳優の故・菅原文太が愛した味が登場しました。東京・荻窪の中国料理店のラーメンとぎょうざでした。

 この番組に登場する有名人は、庶民では入れないような高級レストランが結構多いのですが、下町の普通の中華料理店の、しかもラーメンとぎょうざというのには驚きました。

 同時に、さすがは菅原文太だと感心しました。店主がつくる特製のだしは、かつお節、羅臼の昆布、日高昆布、貝の小柱、煮干し、干ししいたけなどでつくったものです。

 800円程度のラーメンですが、菅原文太は特製だしに舌鼓を打ったのでしょう。店主は、菅原文太が来ると、来客たちは彼が食べ終わるまでいたといいます。いい話です。

サラメシ 菅原文太
(故・菅原文太が愛したラーメンとぎょうざ=NHKの「サラメシ」から)

 菅原文太が亡くなって、今日11月28日で2年になりました。彼が沖縄知事選(2014年)で、翁長雄志さんを応援した演説(11月1日)は文字通りの遺言だったことを、このブログ「トヨタで生きる」(15年1月1日アップ)で紹介しました。

 彼は翁長さんを前に訴えました。「政治の役割はふたつあります。ひとつは、国民を飢えさせないこと、安全な食べ物を食べさせること。もう一つは、これが最も大事です。絶対に戦争をしないこと!」

 名演説として今も語り継がれている菅原文太の訴え。それから1カ月もたたないうちに亡くなったのです。声を振り絞るようにして、「絶対に戦争をしないこと!」と訴えたのが絶対に忘れられません。

菅原さんの名演説は、今もユーチューブで見ることができます。もう一度、見てみてみませんか。
 https://www.youtube.com/watch?v=8PFTMiaHXAc

スポンサーサイト
未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/11/28 05:22
コメント
No title
今回のテーマから逸脱してすいません。

http://www.k3.dion.ne.jp/~g-oak/magazine/Nanka-hendana-21-RousaiNintei.pdf

管理者のみに表示