◎駆けつけ警護で殺し、殺される 豊田駅前で「19日行動」

 戦争法(安保法制)が安倍政権や自民党、公明党によって昨年9月19日に強行採決されたが、以来、毎月19日に“月命日”のようにスタンディング行動が全国で行われている。

 豊田市では、11月19日が土曜日になったので、午後6時からの行動を午後3時にくり上げた。豊田駅前のペデストリアンデッキに20人が集まりプラカードをかかげ、リレートークした。

19行動3 20161119
(豊田市)

 安倍政権は、戦争法にもとづいて、自衛隊に駆けつけ警護の新任務を与えた。南スーダンPKO(国連平和維持活動)に参加する陸上自衛隊員が20日に、首都ジュバの宿営地に到着するという。

 リレートークでは、安倍政権の駆けつけ警護付与によって、自衛隊員が戦後初めて“殺し、殺される”事態に追い込まれる、と厳しい批判の声が出された。

19行動2 20161119
(豊田市)

 戦争法廃止を求める署名を呼びかけたところ、若い人が次々応じてくれた。なかには署名用紙をもらって、周囲の人々に訴えると語ってくれた人もいた。

 戦争法廃止のポケットティッシュ1000個を配ったところ、こころよく受け取ってくれ、1時間のスタンディング行動の終了前にすべてなくなった。これからも毎月、粘り強く続けて、世論を広めなくてはと思った。

19行動1 20161119
(豊田市)

 夕方、忘年会のために刈谷駅に行くと、ここでも30人以上の人たちがゼッケンをしてスタンディング行動をしていた。励まされる。日本の隅々で行われていると思うと心強い。

知立 19行動 20161119
(刈谷市)
スポンサーサイト
戦争と平和 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2016/11/21 14:32
コメント
No title
共産党「23年前のカンボジアで駆け付け警護役のオランダ軍に置いてきぼりにされて、共産党ゲリラに殺されたPKOに参加した警察官の事は黙っとこ」
No title
カンボジアの共産主義者なるものは、ポルポトといいますが、日本共産党がもっとも批判した、当時の中国盲従主義者。隠すどころか、日本共産党の自主独立の輝くべき姿。何も知らないのですね。もっと勉強したら。
No title
共産党さん「強いものの味方」さんも言うように20年以上前は取り上げてたカンボジアPKOを
警察官が亡くなったこと含めて何で無視して「戦後初めて“殺し、殺される”事態に追い込まれる」
なんて言ってるの?

党の支持者にも「もっと勉強したら」って言われてるよ?
No title
問題の本質は、自衛隊員が戦後71年目に、初めて”殺し、殺される”事態になることです。警察官が問題になるというものではありません。
No title
この記事になるまでずーーーーっと自衛隊の文字は出て来ていません。
こちらが指摘したの事項を無視して隠せなくなってようやく認めたのかな?
強いものの味方さん、党の上層部は強いかもしれませんが勇気を持って党に指摘しましょう。

そうじゃないといつかあなたも党から国民扱いされなくなるかも知れませんよ?
現に党の職員は労働者としても扱われず過労死しても無視される状況にあります。

管理者のみに表示