◎トヨタ 小型SUV 「C-HR」の概要発表

 トヨタ自動車は9月28日、小型SUV(多目的スポーツ車)「C-HR」の概要を発表しました。トヨタが世界戦略車と位置付けているもので、11月上旬から販売店での先行商談を始め、今年の年末に発売するといいます。

 先日、レクサス店へ行きました。大型のSUVが展示してあり、「若者向きのSUVで、こんな数百万円もの高価格で売れるのですか?」と質問すると、営業マンは「今は、SUVは中年、熟年者にも人気ですよ」といわれました。

 人気があるのは、ガソリン価格が世界的に値下がりしていること、いろんな使い方ができること、車高が高くて運転しやすいことなどを挙げていました。「SUV=若者」という見方を改めねばと感じました。

8 c-hr


 「C-HR」は、昨年秋の東京モーターショーで初めて見て、トヨタにしては珍しい、冒険心あふれる彫の深いデザインに仕上がっていると思いました。これは売れそうだと直感しました。

 豊田章男社長が常に語っている、「もっといいクルマをつくろうよ」というメッセージが伝わり、こうした個性的なクルマがつくれるようになったのでしょうか?

 概要によると、ハイブリッド車は、コンパクトSUVクラスでトップレベルの燃費を追求しているとしています。グレードでは、1・8リットル・ハイブリッド車のと、1・2リットルのターボエンジンを設定しています。また、衝突回避支援パッケージを全車に標準装備しています。

 4代目プリウスと同様に、「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」という、これまでの車種ごとの開発を改め、ユニットごとに開発して共通化し、原価低減などをめざす手法で開発された車です。
スポンサーサイト
トヨタ車 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/09/30 07:23
コメント
No title
この判決について、ブログ主様のご見解を賜りたく存じます。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28HB6_Y6A920C1000000/

中日新聞では、なぜか、原告が大卒事務系であることは書いてない。

管理者のみに表示