◎ホンダ「NSX」を見た

 東京へ行ったついでに、港区の青山にあるホンダ本社へ行った。2006年に販売を打ち切っていた高級スポーツカー「NSX」(New Sports Car Xの略)の新型を発売する、と8月25日に発表したからだ。

 本社前の広場には、ホンダのクルマが青空のもとにズラリと展示してある。さすがに「NSX」は、本社1階を入ったところに展示してあった。排気量は3・5リットルのV6ツインターボエンジンで、581馬力にもなるという。真っ赤な「NSX」は、実に精悍な顔つきをしていた。圧倒的な存在感だ。

ホンダ NSX


 ホンダは、トヨタとよく比較される。個性あるクルマづくりに熱烈なファンが多い。世界の自動車メーカーが合従連衡するなかで、ホンダは日本資本を守り抜いている。労働条件もトヨタよりいいのが多い。

 トヨタは、カローラに代表されるように、没個性といわれる。果ては、“退屈なクルマ”と酷評する評論家がいて、反発したくなる。「NSX」は、個性のホンダをもっとも表現したクルマだろう。

 新聞に、2370万円もする「NSX」の全面広告を打つという力の入れようだ。しかし、2000万円以上の高級車の日本での市場は、年間400台程度といわれる。

 「NSX」の販売目標は、年間100台。こんな高級車が、目標通りに売れるのか? ホンダは、アメリカで開発し、同オハイオ州で生産する。

 初代の「NSX」は、バブル経済が崩壊する直前の1990年秋に発売された。世界累計で1万8737台を売った。今回の2代目のパンフレットには、「Hondaは人間の感性こそがモノづくりの根幹であると考える」と書いていた。

 モノづくりの根幹が感性? ホンダは、採算を度外視してでも発売するといわれている。このところ、フィットの相次ぐリコールなどで、ホンダのイメージは低下している。「NSX」の復活で、何をねらっているのだろうか?
スポンサーサイト
ホンダで | コメント(2) | トラックバック(0) | 2016/09/11 04:00
コメント
No title
ホンダ「海外販売費率も現地生産も高めて国内生産は最小限にしてあんまり国内雇用を増やさないようにしようその代わり労働条件は良くしておこう」

トヨタ「ホンダみたいに海外生産費率上げたら国内の雇用を軽視しているとか言われる…」
No title
説得的サイトを見つけました。

http://www.geocities.jp/takaro_u/std11-14.html

管理者のみに表示