◎参院選 メガホンで訴え

 参院選(7月10日投票)が終盤に入った7月3日(日)、日本共産党豊田市後援会は豊田駅前で、メガホン宣伝を行った。20人の後援会員が参加し、元気よくコールした。

 自民党政治のもとで公職選挙法が相次いで改悪され、スピーカーを使った政策の訴えが、選挙が始まると途端にできなくなる。街は、選挙が行われているとは思えないほど静かになる。


メガホン1

 人の肉声で、大村よしのり市議のコールに合わせて訴えた。

 アベノミクスは失敗 庶民にお金は回らない 消費税増税ありえない 暮らしを壊す内閣いらない みんなの暮らしに税金使おう 庶民のふところ温めよう

 安保法は廃止 戦争できる法律いらない 憲法壊す政治家いらない 憲法守ろう 命を守ろう 子どもを守ろう

 貧困なくす共産党 働くルール作ります ブラック企業は禁止 長時間労働規制する 働くルールを作りましょう みんなの暮らしに税金使おう 庶民のところ温めて 景気の回復をめざします 年金あげて 学費下げて 保育所を作って 賃金あげて 格差社会をなくそう


メガホン2

 比例代表は日本共産党 選挙区は、すやま初美

 元気な訴えに、通行人はみな振り返って見ていく。注目を集めた。のぼりや横断幕を多数使い、見た目にも派手だった。
スポンサーサイト
2016参院選 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/07/05 09:28
コメント
No title
ビックリ、仰天!
共産党が、あの産経新聞に選挙広告!
http://news.livedoor.com/article/detail/11722881/

中日新聞が、河村名古屋市長の南京事件に関する意見広告掲載を拒否したことに鑑みれば、産経は、おおらかですね。

管理者のみに表示