◎カラフルな、すやまカーが豊田に来た

 参院選(7月10日投票)で、日本共産党の愛知選挙区の、すやま初美候補(37)の候補者カーが7月2日(土)の午後、豊田市に来た。市営東山住宅前、市営京ケ峰住宅前、えぷろん渋谷店前の3か所ですやま候補が訴えた。

 18日間の選挙戦で、豊田市にすやまカーが入るのは1度だけ。愛知県は実に広い。このうち、えぷろん渋谷店前には約50人の支持者、聴衆が集まった。

 「安保法制(戦争法)に反対するママの会」のママは、「GO VOTE」(選挙に行こう)のプラカードを持って、聞き入っていた。

すやま1


 すやまカーは、実にカラフルだ。すやま候補がマイクを握った大きな写真に、「ブラック企業規制を」「最低賃金1500円に」「給付型の奨学金制度を」など青年の切実な政策が書き込まれている。

 すやま候補は、広告会社のデザイナーとして10年間働いてきた。毎日の長時間労働で、同僚や後輩が体や心を壊して会社を去っていった。それだけに若者を使い捨てにするブラック企業のいっそうへ全力をあげることを訴えている。

すやま2


 えぷろん渋谷店前ですやま候補は、破たんした「アベノミクス」に代わる日本共産党の経済政策「3つのチェンジ」を訴えた。税金の集め方や使い方を変えるなどというもので、国民のふところを温めてこそ、えぷろんで安心して買い物もできる、トヨタの車も売れると力をこめて訴えた。

 この日は、日差しも強く真夏のような暑さだった。えぷろんの買い物客やひっきりなしに通る車から声援が送られるなど、街頭演説は盛り上がった。


すやま3
スポンサーサイト
2016参院選 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/07/03 11:17
コメント
No title
すやま候補の選挙カーのメーカーを教えてください?まさか、トヨタじゃないでしょうね。友好関係にある韓国の現代自動車と思ってよろしいでしょうか?

管理者のみに表示