◎びっくり、199円弁当

 先日、トヨタ自動車の独身寮が立ち並ぶ豊田市田中町に行きました。そばを東名高速道路が走っています。そこに最近、新しい超格安スーパーが出店しました。このスーパー、豊田市で相次いで店を出しています。

 既存のスーパーと違って、品数はシンプルです。弁当売り場で、何と199円(消費税は別)弁当を見つけました。びっくりです。寿司弁当は299円などと確かに超格安です。食パンは1斤69円…。

199円弁当
(超格安スーパーの199円弁当。この日は、さらに20%引き)

 このスーパー、かつてこのブログ「トヨタで生きる」(2012年12月22日アップ)で紹介したコーヒー店の跡地などに出店してきたものです。ブログでは、びっくりランチとして紹介しました。

 ロース肉、ブリ、卵焼き、マグロ、カボチャ、茶碗蒸し、味噌汁…などと品数はお膳からあふれほどで、ご飯の量は特盛り。これで850円でした。
 http://toyotaroudousya.blog135.fc2.com/blog-entry-883.html

 トヨタの独身寮が近くとあって、よくトヨタマンや期間従業員がランチを食べていました。その店が4年ほど前に閉店になり、超格安スーパーが出店してきたのです。

 199円弁当を食べながら考えさせられました。2兆8000億円を超える営業利益をあげるトヨタ自動車の企業城下町・豊田市でも貧困と格差は確実に広がっていることを。

 日本の労働者の中の非正規労働者の割合は約4割にもなりました。トヨタ自動車や関連会社、下請けにも非正規雇用の期間従業員や派遣労働者、パート労働者がたくさん働いています。

びっくりランチ
(かつてのコーヒー店のびっくりランチ)

 安倍政権の“アベノミクス”と日本銀行の異次元の金融緩和で、トヨタなど大企業や一部の大金持ちは、円安と株高で大きな利益を手に入れました。トヨタなどで3年連続賃上げはあったものの、非正規労働者の増加と下請けに賃上げが広がらず、実質賃金は5年連続してマイナスになりました。

 その結果、個人消費は2年連続のマイナスです。これでは、サイフのひもをゆるめないでしょう。豊田市で、超格安スーパーが相次いで出店する背景には、こうしたことがあるのではないでしょうか。

 豊田市だけではありません。名古屋駅前でも「300円弁当に行列」(中日新聞、6月29日付)の記事が載りました。貧困と格差を広げた“アベノミクス”の破たんは明白です。参院選では、“アベノミクス”にノーを突きつけましょう。
スポンサーサイト
2016参院選 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/06/30 10:46
コメント
No title
> 日本の労働者の中の非正規労働者の割合は約4割にもなりました。トヨタ自動車や関連会社、下請けにも非正規雇用の期間従業員や派遣労働者、パート労働者がたくさん働いています。

それでは日本の非正規雇用の企業別雇用者数ランキングを見てみましょう!

http://toyokeizai.net/articles/-/105989?page=2
1位 イオン 224356人 非正社員比率67%
※民進党の岡田代表はイオン創業家で社長は岡田代表のお兄さん

4位 トヨタ 85778人 非正社員比率20%
9位 ホンダ 32848人 非正社員比率14%
14位 デンソー 27297人 非正社員比率16%
21位 日産 21750人 非正社員比率13%
28位 スズキ 17726人 非正社員比率23%
41位 ヤマハ 13178人 非正社員比率20%

自動車関連は平均より低い20%前後に対して共産党が連携する民進党代表が創業家のイオンは67%と3分の2以上が非正規雇用で非正規雇用者数の日本一
トヨタとかよりも前に民進党に身内の非正規雇用比率を下げさせた方が手っ取り早いんじゃないですかね?

管理者のみに表示