◎英のEU離脱問題など 名古屋・栄で志位委員長が訴え

 参院選(7月10日投票)は、梅雨の中休みになった6月26日(日)の午後2時、名古屋・栄で日本共産党の志位和夫委員長が街頭演説しました。オアシス21前広場は、強い日差しで汗が止まらないほどでしたが、聴衆でいっぱいに。人の輪は宣伝カー前から日陰のなかへと広がりました。

 志位委員長は、序盤の新聞報道などで、「野党共闘が効果を発揮しつつある」とのべ、「全国のどこでも野党と市民が結束したたたかいが行われています」と安倍政権を追い詰めていることを強調しました。

志位 栄1
(志位委員長の演説を聞こうと栄のオアシス21前広場は聴衆でいっぱいに=6月26日)

 そして、安倍首相や自民党、公明党が盛んに持ち上げる「アベノミクス」が完全に破たんしたことを、英国のEU離脱で、日本で円急騰、株大暴落になっていることについて次のように解明しました。

 「『アベノミクス』が日本経済をたいへんもろくしてしまった結果です。金融頼み・投機マネー頼みの経済政策から、内需主導、家計を応援する経済政策に転換してこそ、本当の意味で強い経済をつくれます」

 その上で、日本共産党の抜本的対案――「格差をただし、経済に民主主義を確立する三つのチェンジ」を詳しく語りました。

 志位委員長は、「世界経済が不安定になるもとで、家計を応援し、内需を良くして経済を立て直す、『三つのチェンジ』がいよいよ重要になっています」と強調。参院選での日本共産党の躍進を呼びかけました。

志位 栄2
(聴衆の声援に応える=左から=たけだ良介比例候補、志位委員長、愛知選挙区の、すやま初美候補)

 演説には、しばしば拍手と声援が起きるなど熱気につつまれました。宣伝カーの前には、安保法制に反対するママの会や市民連合などのメンバーが色とりどりの風船を持って参加。ママの会@愛知の天野光子さんとシールズの諏訪原健さんが応援スピーチに立ちました。

 愛知選挙区の、すやま初美候補は、「この国に立憲主義と民主主義を取り戻すために、私とたたかってください」と訴え。たけだ良介比例候補は「ぶれずに頑張る共産党が伸びてこそ、必ず政治は変えられます」と呼びかけました。

 諏訪原さんはスピーチ後、ツイッターで「圧倒されるような熱気でした」と発信しました。

志位 栄3
スポンサーサイト
2016参院選 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2016/06/27 11:39
コメント
内容が…
EU離脱、円高、日本経済、あべちゃん、関係ありそうだが内容が?

不安不満を持つ特に惰弱な大衆には受ける内容やね

3つの、って何?
先月と180度正反対な意見を言う経済音痴
>志位委員長は、「世界経済が不安定になるもとで、家計を応援し、内需を良くして経済を立て直す、『三つのチェンジ』がいよいよ重要になっています」と強調。参院選での日本共産党の躍進を呼びかけました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-05-28/2016052802_03_1.html
安倍晋三首相が26日、今日の世界の経済状況について、「リーマン・ショックの前の状況に似ている」と発言したことについての見解を問われ、「G7の首脳宣言を見ても、『世界の経済は回復している』というのが全体の評価です。『リーマン・ショックの前の状況』だといっているのは世界の中でも安倍首相だけの話で、世界に通用する話ではないと思います」と述べました。


たった1ヶ月で言うことがすっかり変わってしまう経済音痴な共産党さん。
防衛予算は人殺し予算だと言った件も謝罪無しで通そうとしたりボロが出てきてますね。

管理者のみに表示