◎カクサン部など特設サイト 日本共産党HP

 参院選(7月10日投票)が始まり、日本共産党のホームページ(HP)のトップが「2016参院選 特設サイト」になりました。初めての18歳選挙権が実現したこともあって、カラフルな映像がたっぷりです。

 2013年の参院選から解禁になったネット選挙といえば、さまざまなキャラクターが登場する日本共産党のカクサン部が一躍、話題になりました。今回の参院選挙では、さらにバージョンアップしました。

25 2016参院選 特設ページ
(日本共産党のホームページの「2016参院選 特設サイト」)

 産経新聞(6月20日付)は、「候補者を『勇者』に見立てたトレーディングカードをホームページに掲載し、候補者名や政策の浸透を目指すPR戦略」「候補者の氏名と写真の上には、『市民革命のジャンヌダルク!』『どの子も戦場に送らない!』など、本人が考えたというキャッチコピーが記される。クリックすると、より詳細な自己紹介文などが掲載された裏面を閲覧できる」と紹介しています。

 また、新たなプロモーションビデオ「This is JCP」では、雇用や奨学金問題など若者たちが政治に期待することを1分間で訴えています。「JCP」とはジャパニーズ・コミュニスト・パーティの略で、日本共産党の英語名です。

 さらに、「JCP Journal」や「JCP×子育て」などで、日本共産党の参院政策がわかるようになっています。
日本共産党のHPは次の通りです。
http://www.jcp.or.jp/

 愛知県では、公示前まで、ラップで党の歴史や政策を訴えた動画「この指とまれ」を発信していました。戦争法(安保法制)反対で、学生たちのシールズがラップ調でコールしたことに触発されたものです。

 ネット選挙と同時に、党首や候補者が直接訴える演説会も豊田市や名古屋市で予定されています。愛知選挙区候補の、すやま初美候補の個人演説会は6月24日(金)午後6時30分から豊田市福祉センターで開かれます。

 志位和夫委員長は、26日(日)午後2時から名古屋市栄のオアシス21前で街頭演説します。
スポンサーサイト
2016参院選 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2016/06/23 11:50
コメント
No title
>『市民革命のジャンヌダルク!』『どの子も戦場に送らない!』

戦争を鼓舞して自らも前線に立ちフランスの極右政党である「国民戦線」のシンボルにもなっているジャンヌダルクを出しておいて
どの子も戦場に送らないってのはギャグか何かですか?

管理者のみに表示