◎トヨタ株主総会 あまりに株主優先

 トヨタ自動車の株主総会が6月15日、トヨタ本社がある愛知県豊田市で開かれた。相変わらず本社に近づくにつれて大渋滞だった。9時30分ごろに本社に着いた。すでに駅からもピストン輸送のバスが次々と着き、第一会場の本館ホール前には数百人が並んでいた。

 第4会場まで用意されていた。今回は第2会場のトヨタ会館のホールへ行ったが、こちらもいっぱいだ。会場の係員に聞くと出席者は6000人以上を予定しているという。実際に参加したのは5148人で、過去最多だったという。

 午前10時から始まり、議長の豊田章男社長の司会で進められた。豊田社長は、4代目プリウスから始まった新たなクルマ作りである「TNGA」についてや自動運転などに欠かせない「人工知能(AI)」などにふれた。

 その上で、このところ社員に訓示している「バッターボックスに立つ」の言葉を使って、新たなクルマづくりに挑戦していく考えを示した。

株主総会 2016


 質問では、4年連続世界1の販売になったことや2兆8000億円を超える過去最高の営業利益をあげたこと、年間の株主配当も過去最高の1株210円になったことなどから豊田社長やトヨタ車を礼賛する発言が続いた。

 しかし、日経新聞が書いていたように、トヨタは純利益の約6割を株主還元するという(6月3日付)。株主配当総額は6455億円、自社株買い入れは約7800億円にもなるという。ばく大な金額だ。

 私は、わずかな株を持つ個人株主にすぎないが、トヨタの株主の割合(15年3月末)は、「個人その他」が約18%にすぎず、「外国法人など」が約31%、「金融機関など」が約32%だ。

 トヨタの社員や下請けが汗水して働いた利益の大きな部分が、株主還元の名で外国や金融機関に持っていかれてしまう。ステークホルダーは、株主だけではない。あまりにも株主優先ではないか。

 その「外国法人など」の比率は、26%強と4ポイント低下したという(日経、6月15日付)。17年3月の営業利益見込みが1兆1000億円以上減るからだ。

 アベノミクスで、日本銀行が「異次元の金融緩和」を実施して円安にしてきたが、その破綻で円高にふれ、トヨタの利益が大幅に減るからだ。「外国法人など」は、それを見越して、逃げ足早くトヨタから去るということだろう。なんというドライさだ。

株主総会 扇子


 閉会のあいさつで豊田社長は、株主からの激励メッセージがあったことを紹介した。声を詰まらせ、涙ぐんで感謝の言葉をのべたのが印象に残った。午前11時53分にすべての議事が終わった。2時間弱の総会だった。

 記念品は扇子だった。五輪のマークや選手たちのイラストがある。東京オリンピックを意識した扇子だ。この日、政治資金の不正支出などで舛添要一東京都知事がようやく辞任した。東京オリンピックはダーティなことばかり続く。いろんな思いで釈然としないままに総会の会場を後にした。
スポンサーサイト
決算・経営計画 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2016/06/16 19:59
コメント
No title
>トヨタの社員や下請けが汗水して働いた利益の大きな部分が、株主還元の名で外国や金融機関に持っていかれてしまう。ステークホルダーは、株主だけではない。あまりにも株主優先ではないか。

1)トヨタの生産や販売の過半数は海外
2)株主の金融機関は年金運用や生命保険の運用目的が大半

そう言えば共産党は東京オリンピックに招致決定前は反対していたのが開催決定後は賛成したりとモヤモヤとするような対応で有名でしたね。
No title
トヨタの社員だったら、持ち株会に入って
毎月給与から購入することができるよね。

持ち株会に入る入らないは、個人の意思だし
社員は、株主となって十分に恩恵を
受けられますよね。
ブログ主様
>トヨタの社員や下請けが汗水して働いた利益の大きな部分が、株主還元の名で外国や金融機関に持っていかれてしまう。ステークホルダーは、株主だけではない。あまりにも株主優先ではないか。
保有する株数に応じて配当金を受け取りながら、株主優先を批判するのは矛盾しているだろwww
>釈然としないまま会場を・・・
それならその場で動議を出すか事前に株主提案を出せばいい。
共産党員がアクティビスト化したら、それはそれでオモシロイんだが。

ところでアベノミクスのおかげでどれだけ含み益があるのかな?

管理者のみに表示