◎「私も悩んでいる」 トヨタの創意くふう提案活動

 このブログ、ホームページの「トヨタで生きる」のホームページの方に6月9日、創意くふう提案活動で悩んでいるとのコメントが寄せられました。

---
アイデアがないのに高額創意工夫を必ず出せという。悩んでも、でて来ない。今日も寝不足になりそうだ。
---

 これは、ホームページに2014日2月6日アップした「サービス残業でQCサークル活動 どうしたらいい?」を読み、コメントしてきたものです。2年以上も前の記事にコメントとは、よほど悩んでいるのでしょう。

 提案が採用されると、500円、2000円などと賞金が出ます。優秀提案は表彰され、1~5万円以上の賞金が出ます。

創意くふう用紙
(創意くふう提案用紙)

 これまでも、しばしば「トヨタで生きる」には、QCサークル活動、創意くふう提案活動についてのコメントが寄せられてきました。この2つの活動は、トヨタの労働者にずっとつきまとうものであり、多くの労働者の精神的な重しになっています。

 あるベテラン労働者は、「トヨタに入社以来、毎月創意くふう提案を出してきた。高額提案は、なかなか書けるものではない」とコメント者の悩みに同感します。

 その上で、創意くふう提案活動は、会社がいうように自主活動であり、強制しないとしていることがポイントだといいます。「高額提案なら、上司に時間内にやれるよう訴えたり、アイデアについても、いっしょに考えて欲しいと相談してみたら」とアドバイスします。

 参考のために、ブログ、ホームページで、QCサークル活動、創意くふう提案活動についてアップした2014日2月6日の記事を再録します。

                ◇
 【再録】
 この「トヨタで生きる」に、Aさんからサービス残業でQCサークル活動をやらされている、という訴えが寄せられました。その要旨は次の通りです。

……
 私は工場の組立で働いています。堤工場の内野さんが過労死し、QCと創意工夫は強制では無いと言っていましたが、時が過ぎ今では当たり前でノルマさえ出されます。

 創意工夫は組で3件以上とか、QCについては、「次はあなたが書いて」とかいわれます。死ぬ気でやっています。残業もつかず、家で書かされています。月に10時間以上になります。こんな事、早く辞めさせてください。
……

 QCサークル活動、創意くふう活動は、これまでも「トヨタで生きる」でくり返し取り上げてきました。Aさんの訴えのようなことが、まだまだあるからです。あらためて2つの活動についてみてみました。

 【QCサークル活動】
 QCサークル活動については、会社は、業務と認めているものと「自主活動」だとして業務と認めていないものがあります。

 2008年6月、QCサークル活動が大きく見直されました。堤工場で働いていた故・内野健一さんの妻、博子さんが夫は過労死(2002年2月死亡、当時30歳)だと訴えていた裁判で、名古屋地裁は訴えを認めました(07年12月)。厚労省は、控訴しなかったために判決が確定しました。

 この判決がきっかけで、トヨタは2つの活動を見直したのです。健一さんが過労死したのは、2つの活動をサービス残業でしていたことが大きな原因でした。

 名古屋地裁が「業務」だと認めたトヨタの「自主活動」は、QCサークル活動や創意くふう活動にとどまらず、交通安全活動、EX会(「班長」会)などもふくまれていました。

 さらに日本共産党の小池晃参院議員の追及(2008年3月27日の参院厚生労働委員会)で、桝添要一厚生労働大臣(当時)は次のように答弁しました。

 「上司の管理下にあって業務命令と考えられるものは、労働時間と算定するよう名古屋地裁判決の趣旨にそって労働行政を行っていきたい」

 トヨタは、名古屋地裁判決、桝添答弁にもとづき、「業務扱い」とする部分を拡大しました。それまでQCサークル活動は、月2時間までの「会合」しか「業務扱い」と認めませんでした。それが、月2時間を超えても、「上司の許可」を得て、「業務扱い」にすると変更したのです。

 しかし、表のようにトヨタはQCサークル活動のすべてを「業務扱い」にしているわけではありません。判決と桝添答弁の趣旨のように、QCサークル活動は勤務時間内に行うべきであり、勤務時間内にできないならば残業時間とすべきです。

QCサークル活動


 【創意くふう活動】
 次に、創意くふう活動についてトヨタは、あくまでも「自主活動」であり、自由参加で、参加することを強制したり、参加しなかったことに対する不利益な扱いはしないといいます。創意くふう提案の目標や実績管理、上司の提案指示は行ってはならないとしています。

 さらに、職場外での活動であり、上司の支配下や監督下で行ってはならないとしています。要するに、就業時間外に、自宅で行えということです。

 たとえば、改善のネタを探すこと、問題を見つけ出す調査、改善案の検討、提案のための資料準備、提案書の記入なども自主活動としています。実際、「創意くふう提案用紙」には、「提案は各人の自由です。提案用紙は自宅で簡潔に書きましょう!」と注意書きがあります。

 その一方で、上司が指示・命令したりするなど場合などは、業務で実施するとしています。自主活動か? 業務か? その境界線はどこなのか? わかりにくく複雑です。

【Aさんの場合は?】

 Aさんの訴えを具体的にみてみましょう。Aさんは、上司からQCについては、「次はあなたが書いて」といわれています。上司が指示しているわけですから、「業務扱い」になります。自宅での作業も、当然、残業扱いです。そうでなければ会社の勤務時間内にさせるべきです。

 テーマリーダーやサークルリーダーは、準備したり、まとめる仕事があります。1会合ごとに1時間程度は必要です。上司に、「まとめたいから残業にするか、業務時間内にやらせてください」と申請してください。

 創意くふう活動は、自主活動です。会社のルールは、ノルマは与えてはならないとしています。上司が「月3件出して」というのはルール違反です。グラフや表で、個人別提案件数を表示するのもダメです。

スポンサーサイト
職場は今 | コメント(7) | トラックバック(0) | 2016/06/14 15:27
コメント
全ての考え方が間違っていますよ。
悪口ばっかりで、トヨタで生きてるなら、じゃますんな。ぼけ。
やりたくなければ断れ。

創意工夫やQCのこういった内容を言うやつは、さぞ日々しっかり働いているんだろうな~。
あれは嫌、これは自主活動、インフォーマルは時間外なのに~…って感じやろw

えェど~ぞ、全て断って下さい

周りの頑張る奴等の視界に入らないで。
足引っ張んな
ファジーな部分がなくなったら困るの、お前らやで。
「私も悩んでる」w惰弱惰弱惰弱惰弱惰弱
弱者に近付く左翼。
No title
この2つだけ?
他にも自主研やTPSとかもあるよね。

だけど、やる気を持って取り組んでいる人も
いるので、やる気を削ぐような行動や発言は
しないでほしい。

やりたくない、とか不満を持っている人だけ
集めて、傷口を舐め合って慰め合えばいいじゃん。
No title
細かい指摘ですが、ますぞえよういちのどこかの漢字が違っているのに気が付きませんか?
No title
2016/06/16 00:00
2016/06/16 23:35
こういう人たちがいるから休業者・過労死者は無くならないんでしょうね。
こいつらが同じ職場で働いてないことを祈るわ、関わりたくもない…。
QCは発表会、創意は報告会

意味わかる?

日々の改善をTPSや安全の観点で造るの

私は前コメント者と働きたくないんだけど

やってないよね、誰かがあなたの代わりにやってますよ→それが負担大なのに…

辞めれば会社、トヨタのやり方に不満なら、文句言う奴は病気にならないw
なるのは、そのつけを払わされてる人

つまり会社の逆を展開している、おまえらが私達の仲間を落とし込んでるの!

入社したときの心がけを忘れないで欲しい

No title
やる気がないなら、何もしないで口出しすら
しないでほしい。やる気がある人の邪魔を
したり、気持ちを削いだりする行為は
絶対にやめてほしい。
私が望むのは、ただそれだけです。
No title

管理者のみに表示