◎さぁ、参院選 安倍内閣を退陣へ追い込もう

 通常国会が6月1日、閉会しました。安倍政権は、衆参同日選挙をねらっていましたが、消費税10%への増税がアベノミクスの破たんによって先送りせざるを得なくなり、参院選(6月22日公示、7月10日投票)だけになりました。

 さぁ、参院選です。安倍政権と自民党公明党は、戦争法を強行して立憲主義を破壊したり、大企業・富裕層だけがうるおうアベノミクスで貧困と格差を拡大させました。原発再稼働や沖縄の新基地建設の強行など国民・労働者を犠牲にしてきました。こんな安倍政権にノーを突きつけ、参院選で退陣に追い込む絶好のチャンスです。

 5月31日には、佐賀県で野党統一候補が実現しました。これで全国32の1人区すべてで野党統一候補が立候補することになります。こんなことは、日本の政治で初めてのことです。政治と選挙が劇的に変わろうとしています。

 私たちが働くトヨタ自動車でも、大きな変化が起きています。先日(5月13日の金曜日)、トヨタ自動車堤工場で、日本共産党とトヨタ自動車委員会、後援会が出退勤する労働者に訴えと党のビラを配布しましたが、これまでにない反響を呼びました。

たけだ、すやま候補
(参院選の先頭に立つ、たけだ良介候補=比例代表=とすやま初美候補=愛知選挙区=5月13日、トヨタ堤工場前で)

 訴えには、比例代表候補のたけだ良介候補(37)、愛知選挙区(定数4)のすやま初美候補(37)、トヨタ自動車委員会や地元の居住支部の人たち十数人が参加しました。なかには車椅子の人もいました。

 この日は、これまでの数倍以上の労働者が、ビラが受け取りました。また、車からは、「頑張れよ!」との声援が飛んだり、クラクションが響きました。訴えに参加した人から、「すごいなぁ」との声があがりました。こんな反響は、これまでになかったことです。

 日本共産党は、8議席から21議席へと躍進した14年12月の総選挙で、606万票(比例代表)を獲得しました(前回は368万票)。今回の参院選挙では、850万票(比例代表)の目標をかかげ比例代表9人と複数の選挙区での必勝をめざしています。

 トヨタの労働者のみなさん。安倍内閣を退陣に追い込むために、野党共闘に全力をあげている日本共産党へ大きな支援をお寄せください。私たちも全力をあげます。

スポンサーサイト
未分類 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2016/06/01 20:11
コメント
No title
数倍以上と言っても、半端なく少ない数値の
数倍だからなぁ。。。。

一向に下がらない安倍内閣支持率
大差で否決された内閣不信任案

まあ、お手並みを拝見させていただきますが
上記の2名は、大敗いや惨敗でしょうね。

国会でしょうもない質問をした民新党の
斎藤氏に嫌気がさして流れる票が、少しは
あるかもですが。。。

野党共闘の票を食い合いしてもなぁ。。。


私達が働くトヨタ自動車…

あなたトヨタバッシングするような内容を続けておいて…

選挙の時は仲間意識出されても…
No title
沖縄県では政府自民党側の辺野古「拡張」工事には反対
那覇軍港から移設する浦添軍港の「新設」には翁長知事含め賛成
※新設する浦添軍港の土地は翁長知事を支持するカネヒデという会社の持つ土地が一杯在るところです

戦争法と共産党が呼んでる安保法制や原発再稼働に消費増税を決めたのも共産党が組む民進党の前身の民主党政権時代

そして写真に出ている両候補は公職選挙法違反の現行犯。
No title
安倍のミックスは失敗でしょうか?
①有効求人倍率が24年ぶりの高水準で全都道府県で上昇
②高校生の就職率は24年ぶりの増加、大学生は過去最高
③中小企業も含めて最も高い水準の賃上げを実現
安倍政権発足以来、3年間で税収は21兆円に達した。
3年間で21兆円の税収増なら、年平均で7兆円である。これは消費税10%で見込まれる税収増4.4兆円を大きく上回るのではないでしょうか?
No title
 どの世論調査でも、国民の半分以上がアベノミクスを評価していませんよ。次の読売新聞調査は、典型ですね。


 読売新聞社は、安倍内閣の経済政策「アベノミクス」に関する全国世論調査(郵送方式)を実施した。
 この3年余りの経済政策を「評価しない」は57%で、「評価する」の42%を上回った。評価しない理由(複数回答)のトップは「収入が増えない」の60%で、評価する理由(同)は「大企業を中心に業績が改善した」の44%がトップだった。
 今後、景気回復を「期待できる」と答えた人は34%、「期待できない」は65%だった。景気回復を「実感していない」は84%に達した。
 アベノミクスへの厳しい評価が多数となったのは、企業の業績改善の効果が家計に及んでいないことや、年明けからの株価の乱高下で日本経済の先行きに懸念が広がったことが影響したとみられる。(読売新聞 2月26日付)
No title
「大敗、惨敗」でしょうか?

 一番直近の国政選挙は2014年12月の総選挙。
 各党の実力が最も反映する比例代表では?

 日本共産党 606万票
 自民党  1765万票(共産党の2・9倍)
 民主党   977万票(共産党の1・6倍)
 公明党   731万票(共産党の1・2倍)

 議席数ほど開いていないですね。1997年の参院選で日本共産党は、比例代表で819万票、選挙区で875万票を獲得しています。公明党の比例票774万票を上回りました。愛知選挙区(定数3)では、日本共産党の八田広子さんが当選しています。日本共産党が7月の参院選で目標の850万票を獲得したら、「大敗、惨敗」なんて言えないでしょうね。

管理者のみに表示