◎豊田社長、役員賞与はすごいですね

 3年連続で最高益を更新したトヨタ自動車は、6月15日(水)に2016年3月期の株主総会を開きます。株主に総会の「招集ご通知」が送られてきましたが、そこに記載された役員賞与を見てびっくり!

 役員報酬 18名  8億1000万円
 役員賞与  9名 11億500万円
    計     19億1600万円

 昨年(2015年3月期)は―。

 役員報酬 17名  8億3500万円
 役員賞与 12名  8億8500万円
    計     17億2100万円

 一昨年(2014年3月期)は―。

 役員報酬 13名  8億5100万円
 役員賞与 13名  4億2800万円
  計       12億7900万円

 これで見ると、役員1人当たりの賞与は、3292万円(14年3月期)→7375万円(15年3月期)→1億2277万円(16年3月期)と倍々ゲームの様に増えています。

20 トヨタの役員賞与と組合員の一時金推移


 一方、組合員の一時金は――。
 14春闘 244万円(6・8カ月)
 15春闘 246万円(6・8カ月)
 16春闘 257万円(7・1カ月)

 組合員の伸びは、役員の伸びと比べ物になりません。16春闘の労使協議会で、組合の7・1カ月(257万円)の一時金要求について経営陣は、確か、「高すぎる。理解しがたい」とおっしゃいましたね。
スポンサーサイト
決算・経営計画 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2016/05/29 11:52
コメント
No title
あれれぇー?共産党が他社を比較に出さないのは何でかなー?

ちょっと古いデータだけど2013年度は
フォードのCEOは2300万ドル
GMのCEOは1440万ドル
VWのCEOは2000万ドル
ダイムラーのCEOは1120万ドル

CEOつまり社長1人の報酬だけでトヨタの役員20人以上と同じくらい貰えている。
そりゃあ海外の経営者は「私達に課税を」とか言えるわけだ。
No title
役員報酬みたいにリーマンショックみたいな年は賞与ゼロの年を誤魔化すためにめちゃくちゃ短い3年間の比較の図を持ち出すとは共産党の印象操作は流石ですね。
No title
私たちは、トヨタで働く労働者です。
役員並みに、、上げる時もあるけど業績が悪ければ、同じく役員並みに賞与0円
でも良いよ。
なら高額要求もありだけど、そんなんだれも望んでないでしょ。
No title
で、彼らの支払った所得税って、どの位なのでしょうか?
No title
役員報酬が多いんで反対議決に○しはがきを提出しておきました。もう少し株主に配当を願いたい。

管理者のみに表示