◎トヨタ東日本 期間従業員募集 正社員登用も

 アクアやカローラ、シエンタなどを生産しているトヨタ自動車東日本株式会社(本社・宮城県黒川郡大衡村)は、期間従業員を募集しています。ネットのヤフーの広告で知りました。月収は25万円以上が可能で、正社員登用制度があり、15年度は100名を登用していることが目玉になっています。

 これはトヨタ東日本が5月16日に発表したもので、岩手工場の生産体制のさらなる強化をはかるために、230名程度の期間従業員を募集するというものです。募集期間は、今年11月まで。

ヤフー トップ画面広告 20160521


 また勤務経験1年以上の期間従業員を対象に、100名程度を正社員に登用するとしています。7月1日と11月1日に、それぞれ50名を登用するとしています。

 期間従業員の募集は、トヨタ自動車も続けていますが、募集人数が集まらないのが実態です。労働人口が減少していることが最大の原因ですが、東日本大震災の復興事業や2020年の東京オリンピックのプロジェクトなどで、慢性的な人手不足になっています。

 トヨタをはじめ大企業は、各種手当を新設したり、増額したりしています。正社員登用も人数を明らかにして積極的にうたっているのが最近の特徴です。これまでのように、増産が必要な時に、必要な人数だけ募集し、減産になるとポイ捨てする方法ができなくなっているからです。

 期間従業員の雇用期間は、最長2年11カ月ですが、その間も3~6カ月などの細切れ雇用になっています。いつでもポイ捨てできる仕組みは、もうやめる時期にきているのではないでしょうか。

 希望する期間従業員には、いつでも正社員登用の機会を与えるべきです。
スポンサーサイト
期間従業員 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/05/22 17:51
コメント

管理者のみに表示