◎今の地球が見える NASAのライブカメラ

 街中に、あるいは新幹線などにもライブカメラが配置され、私たちがどこにいても監視される時代になりました。犯罪の抑止といわれる一方で、プライバシーが脅かされています。

 ドライブレコーダーを搭載する車も増えました。2013年2月15日に、ロシア連邦のチェリャビンスク州に落ちた隕石の映像は、ドライブレコーダーから撮影された映像がテレビでくり返し放送されました。

 今の地球が刻々と見えるライブカメラがあることを知りました。NASA(アメリカ航空宇宙局)国際宇宙ステーションのライブカメラです。地上約400km上空の国際宇宙ステーション(ISS)に設置されています。

 さっそくパソコンで見てみました。雲のまにまに大陸、島が見えます。地球が丸いことがよくわかります。静かなミュージックが流れ、地球を眺めているんだという大きな思い、気分。心が落ち着き、癒されます。

地球ライブカメラ


 ふと、思いました。眺めているこの地球のどこかで戦争、テロが今も続いていることを。こんな美しい、青い地球の上で、人間がもっとも愚かな戦争をしているなんて…。

 シリアやアフガニスタンで、子どもたちが逃げ回っていることを想像するとたまらなくなります。アフリカの南スーダンには、日本の自衛隊がPKO活動をしています。

 戦争法(安保法制)の施行で、自衛隊員が殺し、殺されることが現実のものになってきました。漆黒の闇に浮かぶ美しい地球で、なぜ、殺し、殺し合うことになるのか。地球上から戦争をなくしたい。憲法9条がいとおしくなります。

 ライブカメラは、次のアドレスで見ることができます。
https://www.youtube.com/watch?v=njCDZWTI-xg
                ◇

 この記事は、4月13日にアップの予定でしたが、都合により前日にアップしました。

スポンサーサイト
戦争と平和 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2016/04/12 22:03
コメント
No title
南スーダンで国連平和維持軍の活動で内戦から逃れなんとか平和を享受している人達がいる現実は無視する共産党。
赤旗は国連平和維持軍の活動は全く取り上げられませんね?AFP通信を見習ったら?

http://www.afpbb.com/articles/-/3066876?act=all
和平協定が結ばれたにもかかわらず、平和は訪れていなかった。住民たちにとって、国連の基地は何にもまして安全な場所だった。ガーナやモンゴルから来た平和維持軍が監視塔で見張り、周囲のパトロールも行っているからだ。
マッチポンプ?
鉄道会社に監視カメラ設置要望を出した後で鉄道会社の監視カメラ設置を批判というマッチポンプ。

http://www.jcp-aichi.jp/news/071224-165825.html
【07.12.14】名鉄に安全対策を申し入れました

名鉄に安全対策を申し入れました
名古屋鉄道の無人駅で死亡事故が続いている問題で、日本共産党愛知県委員会は12月14日、同社へ安全対策を申し入れました。せこゆき子元衆院議員、佐野隆文党南区市政対策委員長らが本社をたずね「名鉄駅の安全対策に係る要望書」を提出しました。
要望書は、「無人駅に駅員を配置し、乗客・利用者の安全確保に努め」ることや、「ホームへの監視カメラ配置とモニター体制、安全柵の設置」などを求めています。
無人駅の桜駅を見学したせこ氏は「インターホンで通報してもすぐ対応できない。夜遅い時や、他の乗客がいない時は怖いです。せめて朝、夕に人を配置するなどして、障害者が利用しやすいようにしてほしい」と話しています。
No title
乗降客が多い豊田駅や名古屋駅と無人化した駅を同じものとして日本共産党攻撃をする、しかも10年も前のことを調べあげる、異常さ。
No title
街中への監視カメラ設置補助金への働きかけは共産党もよくやってることだし
この手のサイトなんてgoogleで検索すればポンと出るよ。

共産党って根っからの野党体質なのか批判には慣れてるけど批判されるのには慣れてないね。

管理者のみに表示