◎続・あまりにもひどい

 安倍首相の盟友といわれる甘利明・前経済再生担当相の「口利き疑惑」で、東京地検特捜部は4月8日、甘利氏側に現金を渡していた建設会社「薩摩興業」(千葉県白井市)やUR=都市再生機構=などの強制捜査に乗り出しました。

 週刊文春が1月にスクープしてから約3カ月、やっと強制捜査が始まりました。甘利氏は、2月15日付で「睡眠障害」の診断書を国会に提出してから国会に出席せず、「口利き疑惑」についてまったく明らかにしていません。

 「薩摩興業」には2013年8月に、立ち退きの補償金としてURから2億2000万円が支払われています。甘利氏と公設秘書がその交渉に関わりました。

 口利きの見返りとして「薩摩興業」側から現金を受け取ったとされます。甘利氏は、1月の釈明会見で、13年1月に大臣室で、14年2月には神奈川県大和市の地元事務所で各50万円を受け取っていたと説明しています。

 秘書も計500万円を受け取りながら、300万円を私的に流用していましたが、政治資金報告書に記載していませんでした。

 こうした報道に接しながら、ある大企業で働く女性からこんな話を聞きました。その女性の親類に岡山県の倉敷民商の事務局員として働く女性がいるといいます。

 事務局員は、確定申告の際、申告者が作成した決算書の数字を税務ソフトに入力する手伝いをしました。国税局・検察は、申告者を脱税で逮捕・起訴し、事務局員を脱税の「ほう助犯」に仕立てあげ、約1年2カ月間(428日)も勾留しました。

 事務局員を支援する人々は、長期勾留は憲法違反の重大な人権侵害であり、拷問禁止条約が禁止する拷問にあたるとして抗議しています。

 政治家・甘利氏の疑惑に対しては、約3カ月もたってやっと強制捜査が始まったにすぎないのに、1人の国民にすぎない事務局員に対しては428日も勾留する国家権力の異常さ。

50 tpp 黒塗り
(全面黒塗りにされたTPP資料=ネットから)

 甘利氏が大臣任期中に担当したのがTPP交渉。そのTPPの国会審議が始まりましたが、安倍政権が国会に提出したのは、全面黒塗りにした交渉資料です。タイトルしかわからず、内容はまったくわかりません。

 黒塗りの資料を見ながら、甘利氏の「口利き疑惑」も黒塗りにされるようなことがあってはならないと思いました。

 憲法は、国民ではなく、国家権力を縛るものだということは、昨年来の戦争法(安保法制)のたたかいで、痛感させられました。甘利さん、だんまりはあまりにもひどいですよ。「口利き疑惑」を名前の通り、すべて明らかにしてください。
スポンサーサイト
安倍政権 | コメント(9) | トラックバック(0) | 2016/04/10 09:24
コメント
まだ睡眠障害で悩み苦しむ人をに公の場で証言させて、命を削ろうとするなんて。
やっぱり共産党は、人命を軽んじてますね。絶対に政権は任せられません。
No title
彼は一般人ではなく、政治家ですよ。しかも、疑惑を持たれている。説明責任を果たしていない。政治家が入院するのは、たびたびのこと。信じられますか?
No title
知人は、睡眠時無呼吸症で悩んでいるが、それでも働いている。甘利さんのように2カ月も休んだらクビだよ。
私は政治家である前に一人の人間としてみたい。倒れている人を踏みつけるような行為は絶対に出来ません。
No title
倉敷民商は6000万円以上の脱税を幇助

虚偽申告で依頼会社の法人税脱税 容疑で倉敷の商工団体職員逮捕

【山陽新聞】
倉敷民主商工会に家宅捜索に入る県警の捜査員ら=21日午前8時39分、倉敷市新田


 虚偽の確定申告を行う手口で、依頼された建設会社の法人税約6450万円を脱税させたとして、岡山地検は21日、法人税法違反の疑いで倉敷市、倉敷民主商工会の職員禰屋町子容疑者(58)を逮捕。同地検や広島国税局、県警などが倉敷市新田の同商工会や建設会社など関係先数カ所を家宅捜索した。

 逮捕容疑は倉敷市の建設会社の依頼を受け、経理業務を担当。2009年度から3年間の確定申告で、毎回虚偽申告し、計約2億2700万円以上の所得があったにもかかわらず、売り上げの一部を除外するなどの方法で所得を計約572万円と偽り、本来の法人税との差額計約6446万8千円を脱税させた疑い。同地検は認否を明らかにしていない。

 捜査関係者によると、広島国税局の調査で発覚。岡山地検は禰屋容疑者の動機や、建設会社との関係などを詳しく調べる。
No title
共産党曰く
「確定申告の際、申告者が作成した決算書の数字を税務ソフトに入力する手伝い」
というのは
「2億2700万円以上の所得を572万円で申告する」
という脱税行為を指すらしい。
No title
 山陽新聞の報道は、検察などの捜査で当局側から取材したことを報道したにすぎないものです。女性事務局員らは裁判で、「会員が提供するデータをパソコンに打ち込む手助けに過ぎない」と無罪を主張しています。そもそもこの異常な事件について弁護団は「民商の組織と活動に対する徴税権力の政治的意図に基づく弾圧」と位置付けています。
 大臣経験者の甘利氏と秘書らが“口利き”をして多額の金を受け取ったこととは、全く事件の性格が異なるものです。
No title
誰かさんみたいにドリルでハードディスク壊して復帰したらいいんじゃないの?お咎めなしじゃん。

野々村元県議会委員は体調不良にも関わらず
異例の強制連行で説明責任を求められたけど
そっちにも抗議したの?
1人の人間として。
No title
北海道の民商では雇用保険をピンはねして未納にしたり
広島の民商では共産党員の幹部が費用の使い込みをして
抗議をあげたら党側が公開するなと圧力掛けて来てるんでしょ?
企業側からもお金を貰ってるか調べるのに時間かかってるんでないの。

管理者のみに表示