◎サービス残業 過去最多の20万人超

 日経新聞が3月22日付で、「サービス残業20万人超 14年度、過去最多 厚労省指導、142億円支払い」の記事を掲載しています。実は、この内容は「しんぶん赤旗」も3月4日付で報道しています。

 その内容は、サービス残業代が支払われたのは、前年度より8万8627人増えて20万3507人にもなり、厚労省が02年度から始めた調査開始以降、最多を更新したというのです。

 支払われた未払い残業代は、実に142億4576万円にもなりました(前年度より19億378万円増)。サービス残業の具体的な事例とは?

 ▽残業代が一定額に決められ超過分が支払われない、▽入力された労働時間とパソコンを操作した時刻が食い違う、▽出勤・退勤時刻の15分未満の時間を切り捨てる――などといいます。

 私たちが働くトヨタ自動車に、カードリーダーが導入(2003年)されて13年になります。出退勤の時刻がコンピューターに記録され、サービス残業がなくなったはずです。

toyota カードリーダー
(トヨタのカードリーダー)

 しかし、このブログ「トヨタで生きる」には、サービス残業の訴えがなくなりません。たとえば、昨年4月5日には、「ある生産技術部の職場で、組織的にサービス残業が行われていたと聞きました。6日月曜日からの2週間、その部は全員8-17時のオール定時勤務になるそうです」とのコメントが寄せられました。

 同年4月9日には、「実情、サービス残業は当たり前のように行われています」とのコメントが寄せられました。会社も組合も、「勤務ルール遵守」や「ワークルールを確認しよう」とくり返し、社員、組合員らに呼びかけています。

 サービス残業の根絶が急務であることは、厚労省のデータでも明らかです。カードリーダーが導入されたトヨタの社内ルールでは、勤務時間の前後1時間を超える職場滞在は認められていません。

 しかし、勤怠入力システムに業務外である旨のコメントを入力し、上司が承認すれば無制限に社内にいることができます。こうした実態を踏まえ、ブログに昨年6月、次のような提案が寄せられました。

 ▽「1時間ルール」は、どのような理由でも厳守する(例外規定を作らない)
 ▽インフォーマル活動の負荷軽減
 この2つで、サービス残業の無い職場環境を作っていけるのではないかと思います――。

 こうした建設的な提案などを参考にして、サービス残業のない職場づくりの議論をしてみようではありませんか。
スポンサーサイト
サービス残業 | コメント(5) | トラックバック(0) | 2016/03/22 10:09
コメント
No title
「声が寄せられている」のに摘発ゼロ

議論なんかしてないで「粛々と通報や摘発に協力」すれば良いのに
なんで1件もそう言った事例が出てこないんでしょうかね?
労基署に意見を取り纏めて報告とかも聞いたことが無い。

共産党にはやる気が無いのか、それともマッチポンプでやっているだけかな?
1時間以内にでればそれまではサビ残扱いにならないってのも変な話ですけどね。
時間外の仕事がインフォーマル含め多すぎます。
No title
日本共産党の血の歴史
http://81.xmbs.jp/piroshigogo-222215-ch.php

やっぱ怖い政党です。
36を撤廃し無制限に残業したい。

時間管理めんどい。

過労死?時間の問題でないんじゃない?

サビ残っぽい事をやっているわ~
年間いっぱいだから。
フレックスの使い方?ですよ。
無制限に働きたいわ♪

佐々木某さんだったか2000時間…に期待したのに。
スバルの期間社員はタイムカードがありません。

管理者のみに表示