◎トヨタ16春闘 マスコミ回答 賃上げ2000円?

 トヨタ自動車の16春闘は、16日(水)に会社側が回答しますが、マスコミは早くも組合の3000円の要求に対し、「2000円を軸に調整」(時事通信)と回答を示しています。

 トヨタ労組は、3月8日(火)に各職場でいっせいに集会を開きました。本社地区の集会であいさつした鶴岡光行委員長は、「賃金は納得いく回答を、一時金は満額に最後までこだわる」とのべました。

 一時金は、最近では最高の7・1カ月を要求しましたが、賃上げは昨年の6000円の半額の3000円の要求です。

出勤するテクニカルセンターの労働者
(出勤するテクニカルセンターの労働者)

 工場の集会で、労組幹部の訴えを聞いた労働者は、「賃金は、満額をめざさないのか? 『納得のいく回答』とは、そもそもなんなのだろう? すでに会社の回答がわかっていて、要求額に満たないということなのか?」と疑問を投げかけていました。

 仮に回答が2000円だとしたら、昨年の回答の4000円の半分です。トヨタの3月決算の見通しは、過去最高の2兆8000億円の営業利益をあげます。

 それなのに回答が下回るとは…。16日の回答までには、まだ時間は十分あります。会社側に満額回答を迫って欲しいというのは6万8000人の組合員の願いではないでしょうか。
スポンサーサイト
16春闘 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/03/11 07:25
コメント

管理者のみに表示