◎「野党は共闘」! シールズ東海が集会、デモ

 戦争法(安保法制)廃止と参院選での選挙協力などで5野党が合意(2月19日)したが、学生たちでつくる「SEALDs TOKAI」(シールズ東海)は2月28日(日)、名古屋市の白川公園で集会を開いた後、約1200人が繁華街でパレード(デモ)を行った。

 東京で活動するシールズの奥田愛基さんや日本共産党の小池晃参院議員・副委員長、民主党の近藤昭一衆院議員、社民党の吉田忠智党首ら野党幹部もそろい踏みした。

シールズ東海8

シールズ東海2
シールズ東海3


 シールズ東海の岡歩美さんは「参院選で5野党が協力するのは、めちゃめちゃ画期的。選挙に行こうよ」と呼びかけた。奥田さんは、「選挙に勝ちたい! 俺たちはアベ政治に勝つ!」と叫ぶように訴えた。

 その姿を初めて見て、戦争法の審議のさなか、国会で参考人として堂々と意見をのべた奥田さんと違って、ごく普通の青年だなと思った。

シールズ東海6
(シールズの奥田愛基さん)

シールズ東海5
(参加者の声援に応える=右から=日本共産党の小池、民主党の近藤、社民党の吉田の各氏)

 小池参院議員は、「5野党は共闘しました。戦争法の廃止を願うみなさんの声を聞きました。今度は、与党にいうことを聞かせる番です」とのべると、大きな拍手を受けた。

 パレードでは、ラップ調の音楽を流しながらサウンドカーを先頭に進んだ。「野党は共闘」などのプラカードや横断幕があふれ、沿道から声援がかかるなど、楽しい雰囲気で行われた。

シールズ東海4
シールズ東海7


 5野党合意という戦後の政治史で画期的な政治情勢が生まれた。参院選で、自民党、公明党を少数に追い込めるチャンスがきた。空は晴れ渡り、春のような暖かさだった。
スポンサーサイト
戦争と平和 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2016/03/01 09:56
コメント
野党が共闘しても落ちない安倍政権支持率、この現状は受け止めてね。
交通ルール守って!
No title
よくわからないのは、民主党から、トヨペット議員が出席したのでしょうか?デモに参加した方々は、自主的且つ無報酬の参加でしょうか?自分は、昔、デモに参加させられたことがあり、その折、行進の終着点で、組合の幹部から1000円もらった記憶があります(35年位前)ので、こんな疑問を持ったから。

管理者のみに表示