◎トヨタ 堤工場 人影もなくガラガラ

 トヨタ自動車の工場は、2月8日(月)から13日(土)までの6日間、生産停止になりました。グループ会社の愛知製鋼の爆発事故(1月8日)で、特殊鋼の部品が入らないためです。

堤1 生産停止
(生産停止で人影のない堤工場)

 4代目プリウスを生産している、トヨタでもっとも忙しい堤工場(愛知県豊田市)は8日、工場の出入り口は人影もなく、工場前の労働者の駐車場や完成車のヤードはガラガラです。

堤2 生産停止
(堤工場の門前に展示してある4代目プリウス)

 生産を停止しているのは、豊田市内の堤、高岡、元町の3工場と愛知県田原市の田原工場。それにトヨタ車体やトヨタ東日本など、グループ5社の11工場です。全工場の生産停止は、2011年の東日本大震災以来です。

堤3 生産停止
(労働者の駐車場はガラガラ)

 労働者は、2月8日(月)は休業日で、連続2交代勤務の場合、1直(昼勤)は4月9日(土)に、2直(夜勤)は4月16日(土)のそれぞれ1直に振替出勤になります。

 また、2月9日(火)、10日(水)は、労働基準法39条の第5項(労使協定で5日を超える部分は年休取得日を特定できる)にもとづき、「年次有給休暇の計画的付与」になります。

nhk 堤工場
(NHKも堤工場について報道しました)

 年休を6日以上保有している社員は、年休としますが、年休が6日未満の社員は、①自由意思による年休、②特別休暇90%(期間従業員は特別休暇90%相当の手当)、③出勤の3つから選択します。

 11(木)、12(金)は、組立関係の部門は出勤日になり、設備点検や改善、教育などを行います。13日(土)は、年休推奨日です。2月15日からは生産再開になる予定です。
スポンサーサイト
職場は今 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2016/02/08 17:36
コメント

管理者のみに表示