◎安倍首相の“爆買い”

 安倍首相が、深い関係にある文芸評論家の本を“爆買い”していたことを、「しんぶん赤旗」日曜版(12月13日号)が暴露しています。日刊ゲンダイが後追いをし、日曜版とともに爆買いの背景を明らかにしています。

 読売新聞と産経新聞の11月15日付に、異様な全面意見広告が掲載されました。TBS系「NEWS23」でキャスターを務める岸井成格(しげただ)氏(毎日新聞特別編集委員)を名指しで攻撃しているのです。

 岸井氏は、戦前に戦争に協力した新聞の反省から、権力監視の鋭い論評をするマスコミ人として知られています。参院安保特別委員会で、戦争法(安保法制)が強行採決される直前の9月16日の番組で、「メディアとしても廃案に向けて声を上げ続けるべきだ」と発言しました。

 意見広告は、これに噛みついたのです。「政治的に公平であること」とした放送法第4条に反するとのいいがかりです。“安倍チャンネル”と批判されるNHKのように、政権のやっていることを垂れ流し、ニュースの本質を何も伝えるな、という攻撃です。

 意見広告主の代表呼びかけ人は、作曲家のすぎやまこういち氏。安倍晋三首相の資金管理団体「晋和会」に上限額の150万円を献金している人物です。事務局長は、文芸評論家の小川栄太郎氏です。

20 安倍爆買い
(「しんぶん赤旗」の12月13日号から)

 日曜版の真骨頂は、小川氏の本を安倍首相が政治資金で爆買いしていたことを突き止めたことです。小川氏は、自民党総裁選に復帰することになる総裁選の直前の2012年8月末に、『約束の日 安倍晋三試論』を出版しました。

 発売後、同書は大手書店で軒並み販売1位になりましたが、それにはカラクリがありました。安倍首相の資金管理団体が、小川氏の著書を大量購入していたのです。

 政治資金収支報告書に、書籍代として支出先に大手書店の名前が並んでいました。報告書の領収書を見ると、東京駅前の「丸善書店丸の内本店」で12年10月16日に900冊購入、「紀伊国屋書店」で11月9日に900冊購入…などです。少なくとも2380冊、計374万8500円購入していました。

 書店の販売1位になるはずです。自民党の政治資金は、企業団体献金やパーティ券、国民の税金である政党助成金などです。金に色は付いていないので、国民の税金で爆買いしていたといわれても仕方がないでしょう。

 小川氏の出版記念パーティーでは、安倍首相が発起人筆頭として出席し、祝辞をのべました。世論調査で、国民の8割が審議が尽くされていないという状況で、戦争法の廃案をのべた岸井氏の発言が気に食わないのが小川氏らであり、意見広告で岸井氏を名指ししたのです。

 安倍政権と自民党のメディア攻撃は、戦前を思い起こさせるほどです。籾井勝人氏がNHK会長に就任すると早々に、「日本政府と懸け離れたものであってはならない」と政権寄りの発言をして大問題になりました。

 作家の百田尚樹氏が自民党の国会議員ら約40人が、党本部で開いた憲法改正を推進する勉強会「文化芸術懇話会」で、「沖縄の新聞(沖縄タイムスと琉球新報)はつぶせ」と発言(6月25日)して、批判を受けました。

 安倍首相側近の高市早苗総務相は、NHKの「クローズアップ現代」で、やらせ報道があった問題で、文書で厳重注意を行いました。NHKの委縮をねらったものであり、放送界の自主組織であるBPO放送倫理・番組向上機構は「政府が個別番組の内容に介入することは許されない」と厳しく批判(11月6日)しました。

 今回の岸井氏への異様な意見広告は、記者個人とともにTBSや毎日新聞を攻撃のターゲットにしています。安倍政権のメディア攻撃を許さないように、私たち国民が声を上げる必要があるでしょう。

              ◇

 この記事は、12月16日にアップする予定でしたが、都合により前日にアップしました。
スポンサーサイト
その他 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2015/12/15 21:08
コメント
No title
もっと身近なテーマの掲載を!たとえば、アイシンAWの参与・製造本部副部長の女子大生に対する愚行など。豊田ファミリーは、アンタッチャブルですか?
No title
共産党も書店に偽装して党内の書籍を税金から爆買いしてるんでしょ?

http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=134325
共産党沖縄県委 閉店した書店名義で政務調査費領収書
2015年9月25日 07:05 共産党 注目 政治
 共産党沖縄県委員会(赤嶺政賢委員長)が事業として行っている書籍の販売の際、政党名とは別の書店名で領収書を発行していたことが24日、党所属の那覇市議や沖縄県議の政務調査費の報告書で分かった。書籍を購入した際の領収書は県委員会ではなく「新いずみ書店」として発行されていた。
 県委員会によると、約20年前に党員が個人経営していた書店が県委員会内にあったが閉店したため県委員会が書籍販売事業として引き継ぎ、領収書発行の際は慣例として書店名を継続して使用していたという。
No title
安倍首相の爆買いを、よほど弁解してやりたいようです。那覇市議の政務調査費は年間108万円です。安倍首相が爆買いしたのは、「少なくとも2380冊、計374万8500円」です。那覇市議が政務調査費のすべてを費やしても3年かかります。そんなことはしないでしょう。安倍首相の政治資金は、2013年で、政党助成金1200万円、企業・団体献金3756万円、パーティ券収入8580万円…などです。爆買いの374万円なんて、簡単なことでした。
No title
共産党の収入のうち200億は機関紙と書籍販売から
地方市議が市役所での赤旗購入強要数百部やなんやで
問題が発覚しているように色々とやってるんじゃないの?
政権のマスコミ介入は許せない
安倍政権がNHKなどのマスコミ幹部と飲食をし、報道を歪めていることは国民の知る権利を奪うもので断じて許すことはできません、
新聞各社は、70年前の終戦のときに、「大本営発表」報道に深く反省したはずです。また、轍を踏むのでしょうか。権力の横暴を暴くべきマスコミが、国民に真実を伝えなくなったら自殺行為だと思います。
政党助成金は国民の税金から出されているもので、そのお金で爆買いとは、この政権の腐敗ぶりを示すとしかいいようがありません。かっての自民党には、自制心があったと思いますヨ。
No title
爆買いは結構な事です。良い事です。素晴らしい事です。企業献金は悪だとは思っておりません。

管理者のみに表示