◎期間従業員 嘆き、驚き

 12月9日に4代目プリウスが発売になり、堤工場ではフル生産が続く。かつて期間従業員の経験者した人も、改めてトヨタに応募して来ている。その経験者がこう嘆いていた。

 「6カ月間、年休がないのはつらい。半年後に10日もらえるというが、慣れない1、2カ月は休めないとしても、3カ月後くらいからはもらえるようにしてほしい」

 確かに年休は、労働基準法で6カ月間継続勤務し、全労働日の8割以上出勤した労働者に最低10日を付与しなければならないとなっている。期間従業員は、最長で2年11カ月しか働けない。いったん契約解除になるから、再応募で来ても年休は振り出しに戻る。

 労働基準法は、企業に最低限の労働条件を求めているにすぎない。企業が、それを上回るのを与えてもかまわない。「3カ月後くらいからはもらえるようにしてほしい」というのは当然の要求だろう。

期間従業員らバスで
(通勤、退勤用のトヨタのバスに乗車する期間従業員ら)

 別の新人の期間従業員が驚いていた。「トヨタはどえりゃ儲かってるがや。内部留保もため込んでるちゅうし、3年くらい、クルマつくらんでも従業員食わしていけるって」。3兆円近い利益に、びっくりした様子だ。

 トヨタは、期間従業員に、6カ月を待たずに年休を与えることは十分できる。食堂の料金が高いので、正社員にあるウェルチョイス(選択型福利厚生制度)のポイント(一般社員で年90ポイント、9万円)も欲しいという声も上がる。

 これまでのように期間従業員がなかなか集まらないという。会社は、期間従業員の声に耳をかたむけていただきたい。
スポンサーサイト
期間従業員 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2015/12/15 09:18
コメント
No title
6ヶ月のままでいいと思う。3ヶ月だと仕事する気無い人が勝手に年休取ってそのまま満了して終わり。

トヨタが大きいので勘違いしている人が多い。
ブログ主もそうです(共産党さんなんで…)

社会的な責任は大きくとも公共事業者でなく、ボランティア的な対応はないのよ。

都合の良い使われ方をされるに決まっている、それが期間工。
社員と同じように?違うから期間工、社外応援者。当たり前でしょ。
差と考えるなら、それまでの当人の生き方ですよ。
頭にくるなら、トヨタに入社すれば良い、自分で考え行動して下さい、ブログ主は無責任すぎるんです。
とにかくトヨタ本社にいる人事担当者は、現場に出向いて直接現場の期間工の話しを聞きなよ。

GLやCL連中なんて、書類を改竄している連中が多くいるんだから、「社会の最底辺」と揶揄されている期間工の意見なんて、すぐに潰してしまい、自分の将来に支障の無いようにしてしまう。だから期間工の本心なんて、本社にまで届くはずが無い。

そのようなところを「カイゼン」していかないと、さらに人手なんて足りなくなるよ?

管理者のみに表示